ツアー日誌

日 付 06-12-12 場 所 センター前ビーチ
天 候 はれ 気 温 5℃
風 向 北西 波 高 0m
水 温 11.4℃ 潜水時間 12:05-13:11
最大水深 4.2m 透明度 20m
天気もよく透明度も抜群で太陽光が砂地に揺らめいていました。夏に沢山いたベラ類は冬眠生活に入り見なくなった。ハタハタは戸賀湾では9日10日に大群が接岸し海藻の間を泳いでいました。16,17日とハタハタウオッチングツアーをしますので皆さん来てください。
見られた生き物アイナメ、クジメ、スイ、メバル、コモンフグ、チャガラ、キヌバリ、ウミタナゴ、サビハゼ、シワイカナゴ、アナハゼ、ダイナンギンポ、アカイソアミ、エチゼンクラゲ、ホウズキフシエラガイ、メリベウミウシ、カノコキセワタガイなどでした。
ハタハタ イソギンチャクや
ヤドカリに食べられる
ハタハタ
ブリコ

1st
日 付 06-11-26 場 所 入道崎
天 候 はれ 気 温 13℃
風 向 南東 波 高 20cm
水 温 13.7℃ 潜水時間 10:44-11:28
最大水深 12.6m 透明度 10m
2nd
日 付 06-11-26 場 所 水族館裏
天 候 はれ 気 温 13℃
風 向 南東 波 高 20cm
水 温 14.7℃ 潜水時間 13:44-14:25
最大水深 12.6m 透明度 10m
久し振りにクサウオを見ました。オタマジャクシ似のちょっと頭の大きめな魚で、いつも尻尾を巻いた状態で動かずジッとしています。かわいらしい魚です。クサウオも冬の訪れを告げる魚です。アカモク(ギバサ)も芽吹き、ナマコも夏眠から覚め活発に動き出しました。ハタハタの接岸も間近と思われます。
見られた生き物アイナメ、クジメ、クロソイ、メバル、ウミタナゴ、オキタナゴ、スズメダイ、チャガラ、メジナ、キュウセンベラ、ホンベラ、クサフグ、クロダイ、マダイ、カンダイ、アサヒアナハゼ、オトメウミウシ、アカエラミノウミウシ、ホウズキフシエラガイなどでした。
クサウオ アカモクの芽ばえ クジメの産卵

1st
日 付 06-11-19 場 所 センター前ビーチ
天 候 はれ 気 温 12℃
風 向 北東 波 高 0m
水 温 15.7℃ 潜水時間 11:31-12:23
最大水深 5.3m 透明度 15m
2nd
日 付 06-11-19 場 所 水族館裏
天 候 はれ 気 温 12℃
風 向 北東 波 高 0m
水 温 16.9℃ 潜水時間 14:01-15:07
最大水深 9.7m 透明度 15m
夕日が戸賀のダイビングセンター前の海に沈み、周りを朱色に染めていました。
クジメがいたる所で産卵し、オスが卵を守っていた。アイナメやクジメの産卵はハタハタの産卵と対比し観察すると面白いです。産卵の時期や卵の大きさ、親が孵化まで守るなど生態の違いが見えてきます。キュウセンベラやホンベラは冬眠が近い、目覚めるのは来春5月頃です。相変わらずエチゼンクラゲが多く、クラゲの傘を覗いてはどんな生き物が生息しているのか見ています。
見られた生き物アイナメ、クジメ、ウミタナゴ、オキタナゴ、メジナ、マアジ、クサフグ、コモンフグ、ホンベラ、キュウセンベラ、ササノハベラ、マダイ、メバル、キツネメバル、ムラソイ、サヨリヘビギンポ、アナハゼ、シロウミウシ、アカエラミノウミウシ、ホウズキフシエラガイ、ヨウラククラゲ、クシクラゲ、チョウクラゲなどでした。

1st
日 付 06-11-5 場 所 入道崎
天 候 はれ 気 温 20℃
風 向 南西 波 高 10cm
水 温 18℃ 潜水時間 11:04-12:01
最大水深 12.8m 透明度 10m
2nd
日 付 06-11-5 場 所 戸賀漁協横
天 候 はれ 気 温 20℃
風 向 南西 波 高 0m
水 温 17.6℃ 潜水時間 14:40-15:47
最大水深 6.9m 透明度 10m
晴天に紅葉が映え素晴らしい一日でした。海の中は海藻が芽生え、確実に冬に向かっているのが感じられる。腹のふくれたアイナメやクジメを見かけるもうすぐ産卵が始まります。エチゼンクラゲは相変わらず沢山漂っています、時には2mを超えるような大きなものもいます。
キュウセンベラ、ホンベラ、オハグロベラ、メジナ、メバル、クサフグ、コモンフグ、マダイ、クロダイ、ウミタナゴ、スズメダイ、チャガラ、コケギンポ、ニジギンポ、アミメハギ、スイ、トビヌメリ、ネズミゴチ、シワイカナゴ、マダコ、久し振りにエゾヒトデも見られました。

1st
日 付 06-10-29 場 所 センター前ビーチ
天 候 はれ 気 温 22℃
風 向 北西 波 高 0m
水 温 17.9℃ 潜水時間 10:57-11:56
最大水深 5.5m 透明度 7m
2nd
日 付 06-10-29 場 所 三浦荘前
天 候 はれ 気 温 22℃
風 向 北西 波 高 10cm
水 温 17.9℃ 潜水時間 14:16-15:04
最大水深 11.7m 透明度 10m
秋の海は午後3時を過ぎる頃になると太陽光が入らなくなり水中は急に暗くなってくる。サヨリが20cmを超える大きさになり、群が近寄ってくると迫力がある。ナマコはまだ夏眠中で何時覚めるか知りたい。見られた生き物マダイ、クロダイ、ウミタナゴ、オキタナゴ、キュウセンベラ、ホンベラ、ササノハベラ、アミメハギ、チャガラ、シワイカナゴ、ネズミゴチ、クロウシノシタ、クサフグ、コモンフグ、メバル、アイナメ、クジメ、マダコ、オカメブンブク、モミジガイ、トゲモミジガイなどでした。

1st
日 付 06-10-22 場 所 水族館裏
天 候 はれ 気 温 17℃
風 向 波 高 20cm
水 温 18.6℃ 潜水時間 11:53-12:59
最大水深 10.5m 透明度 15m
2nd
日 付 06-10-22 場 所 水族館駐車場
天 候 はれ 気 温 17℃
風 向 北西 波 高 20cm
水 温 18.5℃ 潜水時間 14:47-15:46
最大水深 10.7m 透明度 15m
エチゼンクラゲがいたる所で見られ、この日も20匹以上見られた。イボダイやクラゲモエビが居付いているクラゲ、ウマズラハギやクサフグ、ミドリイソギンチャクに食べられているクラゲ等エチゼンクラゲのオンパレードでした。サンダルに付着し流れてきたエボシガイも見られた。対馬暖流に乗って流れてくる生き物で、これから来るアオイガイ(カイダコ)やタコブネ(フネダコ)が見られたらラッキーです。今年はマダコが多くいます、産卵しているマダコを捜しているのですがまだ見つかっておりません。アオリイカはめっきり少なくなりました。
見られた生き物ウミタナゴ、オキタナゴマダイ、クロダイ、イシダイ、キュウセンベラ、ホンベラ、ササノハベラ、ウマズラハギ、アミメハギ、クジメ、アイナメ、メバル、キツネメバル、ムラソイ、スズメダイ、ネンブツダイ、アカカマス、サヨリ、クサフグ、オキナヒメジ、マダコ、アオリイカ、シロウミウシ、サラサウミウシ、ジボガウミウシなどでした。
エチゼンクラゲを
住処にしている
イボダイ
イボダイ
(拡大写真)
クサフグが
エチゼンクラゲを
食べていた
エチゼンクラゲの触手
毒性が強い
捨てられたサンダルに
付いたエボシガイ
今年生まれた
スズメダイの群

1st
日 付 06-10-16 場 所 大黒島
天 候 はれ 気 温 23℃
風 向 北西 波 高 30cm
水 温 19.9℃ 潜水時間 11:56-12:42
最大水深 11.9m 透明度 25m
2nd
日 付 06-10-16 場 所 サザエ繰り
天 候 はれ 気 温 23℃
風 向 北西 波 高 30cm
水 温 19.7℃ 潜水時間 14:41-15:28
最大水深 19m 透明度 20m
 北西の風でうねりがあったので急遽ボートダイビングに変更した。波の当たらない大黒島の南側に漁船で移動中、エチゼンクラゲが沢山北の方に流されて行き、今年も漁師さんはエチゼンクラゲに泣かされるのかと思いました。昨日にも増して透明度が抜群で30mはあろうかと思われた。二本目はサザエ繰りで大きなマダイの群が見られた。他見られた生き物ウミタナゴ、オキタナゴ、キュウセンベラ、ホンベラ、ササノハベラ、スズメダイ、イシダイ、カンダイ、アイナメ、クジメ、メバル、キツネメバル、オキナヒメジ、クサフグ、メジナ、アオリイカなどでした。
エチゼンクラゲ ダイバーと
エチゼンクラゲ
さざえ繰り
北前船の碇

1st
日 付 06-10-15 場 所 センター前ビーチ
天 候 はれ 気 温 24℃
風 向 西南西 波 高 0m
水 温 19.5℃ 潜水時間 11:13-12:06
最大水深 7.1m 透明度 20m
2nd
日 付 06-10-15 場 所 水族館裏
天 候 はれ 気 温 24℃
風 向 西南西 波 高 0m
水 温 20℃ 潜水時間 14:13-15:25
最大水深 10.8m 透明度 20m
透明度は20mを超えるほどでした。この時期になるとアオリイカ釣りのルアーがいたる所に引っ掛かって、カラフルなエビがぶら下がっている様に見える。ダイビングセンターには回収したルアーが一杯あります。
見られた生き物マダイ、クロダイ、マアジ、キュウセンベラ、ホンベラ、ネズミゴチ、トビヌメリ、ウミタナゴ、オキタナゴ、クサフグ、コモンフグ、サヨリ、アイゴ、アミメハギ、シワイカナゴ、アナハゼ、アイナメ、クジメ、イシダイ、スズメダイ、オヤビッチャ、チャガラ、メバル、ムラソイ、ヒラメ、マダコ、エチゼンクラゲなどでした。
マアジの群 ヒラメ 引っかかったルアー

1st
日 付 06-10-1 場 所 大黒島
天 候 はれ 気 温 24℃
風 向 南西 波 高 10cm
水 温 21.9℃ 潜水時間 11:19-12:36
最大水深 15.1m 透明度 15m
2nd
日 付 06-10-1 場 所 大黒島
天 候 はれ 気 温 24℃
風 向 北西 波 高 10cm
水 温 22.0℃ 潜水時間 13:20-14:34
最大水深 21.6m 透明度 15m
 忙しくツアー日誌に書き込めない日々が続いておりますが、週に2〜3日はツアーに行っております。
 1日は大黒島に行ってきました。透明度は15m以上あり魚類の群、魚達の子供やその群、アオリイカの群などが見られました。又、悲しいものも見ました、釣り針に掛かって死んだ魚、放置された網に絡まって死んだアイナメの姿、意図的に捨てられ死んだクサフグの夥しい数など、皆人と同じ生き物なのにと思う。
 見られた生き物キュウセンベラ、ホンベラ、ササノハベラ、スズメダイ、マダイ、クロダイ、カンダイ、イシダイ、アイナメ、クジメ、ヒラメ、カサゴ、キツネメバル、メバル、ウマズラハギ、アミメハギ、メジナ、ウミタナゴ、オキタナゴ、マハタ、アオ、ニジギンポ、オヤビッチャ、アオリイカ、イソバナなどが見られました。
大黒島の水中風景 特大ヒラメ 南からのお客さん
オヤビッチャ
北限のイソバナ 釣針にかかったまま
死んでいる魚
網に絡まって死んだ
アイナメ

日 付 06-9-13〜06-9-26
マアジの群 カンダイ(コブダイ) オニオコゼ
マダコ アナハゼが
アサヒアナハゼを捕食
芦の倉

1st
日 付 06-9-13 場 所 加茂
天 候 はれ 気 温 24.8℃
風 向 南西 波 高 0m
水 温 24.3℃ 潜水時間 11:26-12:34
最大水深 9.1m 透明度 15m
絶好のダイビング日和でした。太陽光が射し込んで砂にキラキラ光の美しい模様を見せていました。透明度は15m以上あり、アオリイカやウミタナゴの群の中を気持ちよく潜ってきました。見られた生き物キュウセンベラ、ホンベラ、幼魚も多数見られた、マダイ、クロダイ、クサフグ、ウミタナゴ、メジナ、アイナメ、クジメ、カワハギ、ウマズラハギ、アミメハギ、スズメダイ、メバル、ヒメジ、シロギス、メナダ、ヨウジウオなどでした。
加茂の風景 ウミタナゴの群

1st
日 付 06-9-10 場 所 水族館裏
天 候 あめ 気 温 26℃
風 向 波 高 10cm
水 温 26℃ 潜水時間 11:28-12:25
最大水深 11.7m 透明度 15m
2nd
日 付 06-9-10 場 所 戸賀漁協脇
天 候 あめ 気 温 26℃
風 向 波 高 0m
水 温 26℃ 潜水時間 14:22-15:16
最大水深 7.1m 透明度 10m

1st
日 付 06-9-9 場 所 センター前ビーチ
天 候 はれ 気 温 27℃
風 向 西 波 高 0m
水 温 25.9℃ 潜水時間 11:03-11:57
最大水深 5.5m 透明度 8m
2nd
日 付 06-9-9 場 所 水族館裏
天 候 はれ 気 温 27℃
風 向 西 波 高 0m
水 温 25.8℃ 潜水時間 13:57-15:05
最大水深 13.6m 透明度 15m
3rd
日 付 06-9-9 場 所   センター前ビーチ  ナイトダイビング
天 候 はれ 気 温 27℃
風 向 北東 波 高 0m
水 温 26℃ 潜水時間 18:52-19:46
最大水深 5.8m 透明度 8m
水族館裏ではマアジ、マサバ、クロダイ、アオリイカが透明度の良い中を大きな群を作っている。ナイトダイビングではセンタービーチの沖側のテトラを一周するコースで潜ってきました。アオリイカやメリベウミウシの捕食シーンやクルマエビなどが見られた。その他見られた生き物マダイ、ウマズラ、カワハギ、アミメハギ、キュウセンベラ、ホンベラ、ササノハベラ、ウミタナゴ、オキタナゴ、メバル、ムラソイ、クロソイ、スズメダイ、アイナメ、クジメ、ヨウジウオ、サヨリ、メジナ、ヒラメ、イシダイ、ヒメジ、クサフグ、コモンフグ、シワイカナゴ、マダコ、サラサウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、コモンウミウシ、クロシタナシウミウシ、シラユキウミウシ。
夜は波の音を聞きながらの一献でした。
水族館裏全景 コモンフグ マアジの群

1st
日 付 06-9-3 場 所 入道崎
天 候 はれ 気 温 28℃
風 向 北西 波 高 20cm
水 温 26.3℃ 潜水時間 11:36-12:27
最大水深 12.2m 透明度 15m
2nd
日 付 06-9-3 場 所 水族館裏
天 候 はれ 気 温 28℃
風 向 西 波 高 10cm
水 温 26.6℃ 潜水時間 14:25-15:21
最大水深 10.8m 透明度 15m
今年生まれの幼魚が多数見られる。1cm位のホンベラ、キュウセンベラ、スズメダイ、アミメハギ、2cm位のチャガラ、メジナ、3cm位のマダイ、ヒラメ等皆元気に育って秋田の海を賑わして欲しい。これからは南から来るミナミハコフグ、オヤビッチャ、ソラスズメダイ等も見られる。
見られた生き物サヨリ、クロダイ、アイナメ、クジメ、クサフグ、コモンフグ、クロソイ、メバル、ムラソイ、イシダイ、キヌバリ、ササノハベラ、ヒメジ、ウミタナゴ、オキタナゴ、カワハギ等が見られた。

1st
日 付 06-9-2 場 所 センター前ビーチ
天 候 はれ 気 温 27℃
風 向 波 高 0m
水 温 26.5℃ 潜水時間 10:51-11:45
最大水深 5.5m 透明度 10m
2nd
日 付 06-9-2 場 所 水族館裏
天 候 はれ 気 温 27℃
風 向 波 高 0m
水 温 26.1℃ 潜水時間 13:45-14:46
最大水深 9.9m 透明度 15m
 透明度がここ1週間で急に良くなってきた。本来の男鹿の海に戻ってきた。水温も26℃以上あり魚種も増えてきた。マアジの群、クロダイの群、アオリイカの群などが見られた。     その他見られた生き物マダイ、クサフグ、キュウセンベラ、ホンベラ、ササノハベラ、アミメハギ、ウマズラハギ、アイゴ、カマス、メジナ、ウミタナゴ、オキタナゴ、スズメダイ、ヒメジ、イシダイ、ヨウジウオ、メナダ、アオウミウシ、シロウミウシ、クロシタナシウミウシなどでした。
マアジの群 水族館裏の風景

1st
日 付 08-8-29 場 所 センター前ビーチ
天 候 くもり 気 温 27℃
風 向 西 波 高 0m
水 温 27.1℃ 潜水時間 11:21-12:03
最大水深 5.6m 透明度 7m
2nd
日 付 08-8-29 場 所 入道崎
天 候 くもり 気 温 27℃
風 向 西 波 高 10cm
水 温 27℃ 潜水時間 14:36-15:32
最大水深 11.3m 透明度 15m
今年のセンター前ビーチではヒメジが多く見られます。黄色いひげを砂の中に入れ餌を捜しています。かなり近寄っても逃げないので観察したり写真を撮ったり出来ます。入道崎は透明度がよく15mはありました。クロダイ(30〜40cm)の30匹程の群が見られ、ダイバーの周りを泳いでいました。見られた生き物キュウセンベラ、ホンベラ、ササノハベラ、マダイ、クロダイ、イシダイ、ウミタナゴ、オキタナゴ、スズメダイ、アイナメ、クジメ、ウマズラハギ、メバル、メジナ、チャガラ、などでした。
モミジガイ ツガルウニ ヨウジウオ

1st
日 付 06-8-26 場 所 水族館裏
天 候 はれ 気 温 30℃
風 向 西 波 高 0m
水 温 27.9℃ 潜水時間 14:05-15:07
最大水深 12m 透明度 10m
2nd
日 付 06-8-26 場 所   センター前ビーチ   ナイトダイビング
天 候 はれ 気 温 30℃
風 向 西 波 高 0m
水 温 28.1℃ 潜水時間 19:07-20:00
最大水深 5.3m 透明度 8m
ご無沙汰しました。8月の一ヶ月で22日間、海で講習、ガイド、体験ダイビングにと潜っておりツアー日誌を更新できませんでした。これから又男鹿の海を紹介していきます。水族館裏ではアオリイカ、サヨリ、イシダイなどが見られるようになってきた。ナイトダイビングではクルマエビ、シマウシノシタ、ダンゴイカなどが見られ、マダイやヒメジが体色を黒っぽくし眠っていました。これからもナイトダイビングをしますので皆さん来てください。
キセワタガイ 戸賀湾の夕景 ベランダでの宴会

1st
日 付 06-8-11 場 所 水族館脇
天 候 はれ 気 温 30℃
風 向 西南西 波 高 0m
水 温 25.1℃ 潜水時間 11:06-12:12
最大水深 10.3m 透明度 15m
2nd
日 付 06-7-9 場 所 センター前ビーチ
天 候 はれ 気 温 30℃
風 向 西 波 高 0m
水 温 25.8℃ 潜水時間 14:38-15:31
最大水深 5.8m 透明度 10m
シマウシノシタ カノコキセワタガイ カタクチイワシの群

日 付 06-7-31 場 所 センター前ビーチ
天 候 はれ 気 温 29℃
風 向 西北西 波 高 0m
水 温 22.4℃ 潜水時間 11:25-12:20
最大水深 5.5m 透明度 10m

1st
日 付 06-7-30 場 所 センター前ビーチ
天 候 はれ 気 温 29℃
風 向 北東 波 高 0m
水 温 22.2℃ 潜水時間 11:18-12:32
最大水深 5.3m 透明度 8m
2nd
日 付 06-7-30 場 所 水族館脇
天 候 はれ 気 温 29℃
風 向 北東 波 高 0m
水 温 20.6℃ 潜水時間 14:54-15:51
最大水深 12.9m 透明度 15m

1st
日 付 06-7-27 場 所 センター前ビーチ
天 候 はれ 気 温 26℃
風 向 西 波 高 0m
水 温 23.4℃ 潜水時間 11:34-12:29
最大水深 5.5m 透明度 10m
2nd
日 付 06-7-27 場 所 センター前ビーチ
天 候 はれ 気 温 26℃
風 向 西 波 高 0m
水 温 23.4℃ 潜水時間 14:13-15:08
最大水深 5.5m 透明度 10m
50cmを超えるマゴチが居ました。戸賀湾内で見るのは初めてだが、加茂や台島では何度か見ているので、それなりに居るのではないかと思う、ただ砂に潜っているので容易に見つけれないのではないか。見られた生き物マダイ、クロダイ、ウミタナゴ、オキタナゴ、チャガラ、キヌバリ、キュウセンベラ、ホンベラ、マアジ、クサフグ、シワイカナゴ、メバル、クロソイ、カレイの子供、トビヌメリ、アイナメ、クジメ、シロギス、アナハゼ、クロミドリガイ、シロウミウシ、アオウミウシ、イシガニ、ツメタガイ、アカイソアミ、スカシカシパン、ヨツアナカシパンなどでした。

1st
日 付 06-7-25 場 所 水族館脇
天 候 くもり 気 温 25℃
風 向 西 波 高 0m
水 温 21.5℃ 潜水時間 11:11-12:07
最大水深 10.6m 透明度 10m
2nd
日 付 06-7-25 場 所 センター前ビーチ
天 候 くもりのちはれ 気 温 25℃
風 向 西 波 高 0m
水 温 21.8℃ 潜水時間 14:11-15:05
最大水深 5.6m 透明度 10m

1st
日 付 06-7-23 場 所 水族館脇
天 候 はれ 気 温 27℃
風 向 西 波 高 0m
水 温 21.6℃ 潜水時間 11:10-12:13
最大水深 12.5m 透明度 10m
2nd
日 付 06-7-23 場 所 センター前ビーチ
天 候 はれ 気 温 27℃
風 向 西 波 高 0m
水 温 21.9℃ 潜水時間 14:43-15:39
最大水深 5.7m 透明度 10m

日 付 06-7-18 場 所 センター前ビーチ
天 候 はれ 気 温 25℃
風 向 北西 波 高 0m
水 温 23℃ 潜水時間 12:17-13:01
最大水深 3.2m 透明度 12m

1st
日 付 06-7-17 場 所 センター前ビーチ
天 候 はれ 気 温 24℃
風 向 西 波 高 0m
水 温 21.5℃ 潜水時間 10:38-11:39
最大水深 5.3m 透明度 10m
2nd
日 付 06-7-17 場 所 戸賀漁協脇
天 候 はれ 気 温 24℃
風 向 西 波 高 0m
水 温 21.3℃ 潜水時間 14:19-15:14
最大水深 6.9m 透明度 10m

日 付 06-7-16 場 所 センター前ビーチ
天 候 くもり 気 温 23℃
風 向 西南西 波 高 0m
水 温 22.3℃ 潜水時間 13:55-14:45
最大水深 4.8m 透明度 8m

1st
日 付 06-7-9 場 所 センター前ビーチ
天 候 はれ 気 温 26℃
風 向 南西 波 高 0m
水 温 20.0℃ 潜水時間 11:00-12:06
最大水深 6.5m 透明度 8m
2nd
日 付 06-7-9 場 所 水族館脇
天 候 はれ 気 温 26℃
風 向 南西 波 高 0m
水 温 20.3℃ 潜水時間 14:11-15:16
最大水深 10.2m 透明度 10m
モクズガ二のオスが二匹センター前ビーチにいました。普段は川にいるカニで産卵のために海に来ます。上海ガ二と同じ種類です。一匹のカニはアオサ類の海藻が毛に生えていました、大分前から海に居たと思われます。今年はツメタガイが多く二枚貝が皆食べられるのではと心配です。
見られた生き物、スイ、メバル、ホンベラ、キュウセンベラ、アイナメ、クジメ、キヌバリ、クサフグ、マガレイ、サビハゼ、トビヌメリ、カタクチイワシ、キツネメバル、ムラソイ、アミメハギ、ヘビギンポ、エゾハリイカ、シロウミウシ、オトメウミウシ、アカボシウミウシ、モミジガイ、スカシカシパン、オカメブンブク、バカガイなどでした。
ツアー風景 海藻の生えたモクズガニ アカボシウミウシ

日 付 06-7-8 場 所 水族館脇
天 候 はれ 気 温 25℃
風 向 南西 波 高 0m
水 温 19.8℃ 潜水時間 11:39-12:51
最大水深 7.3m 透明度 15m
海藻も抜け潜りやすくなりました。めずらしいタマノミドリガイがいました、5mmたらずの小さなウミウシですがなぜか二枚の殻を背負っています。ウミウシは巻貝の仲間ですが不思議です見られた生き物、アイナメ、クジメ、婚姻色のヘビギンポ、ウミタナゴ、マアジの群れメバル、アナハゼ、アサヒアナハゼ、ホンベラ、キュウセンベラ、シロウミウシ、オトメウミウシ、アカイソアミなどでした。
戸賀湾 7月の海中風景 マアジの群れ

日 付 06-6-27 場 所 センター前ビーチ
天 候 くもり 気 温 22℃
風 向 波 高 10cm
水 温 20.4℃ 潜水時間 10:16-11:10
最大水深 6.8m 透明度 15m
水温も20度を超えてきました。今年は例年になく透明度もよく楽しい海が期待できそうです。 25cmを越える白化ヒラメがいました。これは放流したヒラメです。自然界では白化ヒラメは目立つため稚魚のうちに淘汰されるようです。ツメタガイが多いようです、この貝は二枚貝に穴をあけ食べる獰猛な貝です。見られた生き物、クロダイ、メナダ、シロギス、ウミタナゴ、オキタナゴ、アミメハギ、メバル、キュウセンベラ、ホンベラ、アイナメ、クジメ、トビヌメリ、キヌバリ、チャガラ、マアジ、アサヒアナハゼ、ミズクラゲ、モミジガイ、マヒトデ、ヨツアナカシパン、スカシカシパン、クロシタナシウミウシ、アユの子供の群れなどでした。
白化ヒラメ クロダイ ツメタガイ

日 付 06-6-24 場 所 戸賀漁協脇
天 候 くもり 気 温 19℃
風 向 北西 波 高 0m
水 温 19.6℃ 潜水時間 11:15-12:28
最大水深 6.5m 透明度 8m

1st
日 付 06-6-18 場 所 入道崎
天 候 はれ 気 温 23℃
風 向 北西 波 高 20cm
水 温 15.9℃ 潜水時間 11:21-12:11
最大水深 12.9m 透明度 10m
2nd
日 付 06-6-18 場 所 水族館脇
天 候 はれ 気 温 23℃
風 向 北西 波 高 10cm
水 温 18.2℃ 潜水時間 15:44-17:02
最大水深 12.8℃ 透明度 15m
入道崎と戸賀で潜りました、ほんのわずかな距離ですが水温が2.3度、透明度もまるで違っていました。入道崎の岬が変化を与えています、男鹿半島の面白いところです。入道崎ではミズクラゲとイトマキヒトデが死闘を繰り広げていました。戸賀は抜群の透明度でメバルの稚魚が群れていました。見られた生き物、キュウセンベラ、ホンベラ、マダイ、クロダイ、ウミタナゴ、メバル、ムラソイ、スズメダイ、メジナ、ヘビギンポ、メナダ、キヌバリ、ナベカ、ヒメイカ、ミズクラゲ、オワンクラゲ、アカクラゲ、オトメウミウシ、シロウミウシ、ホウズキフシエラガイなどが見られました。
ミズクラゲと
イトマキヒトデの死闘
メバルの子供 ムツサンゴ

1st
日 付 06-6-16 場 所 センター前ビーチ
天 候 くもり 気 温 22℃
風 向 波 高 0m
水 温 16.5℃ 潜水時間 9:43-10:45
最大水深 5.6m 透明度 15m
2nd
日 付 06-6-16 場 所 戸賀漁協脇
天 候 くもり 気 温 22℃
風 向 波 高 0m
水 温 16.5℃ 潜水時間 13:55-15:11
最大水深 6.5m 透明度 15m
14日に象潟に潜水調査に行ってきました、アカクラゲが沢山いました。アカクラゲの毒は強烈なので気を付けてください。戸賀のセンター前ビーチにはカギノテクラゲがいました、このクラゲも毒があるので気を付けてください。見られた生き物、クロウシノシタ今年何度か見ています、アイナメ、クジメ、コモンフグ、クサフグ、ウミタナゴ、キュウセンベラ、ホンベラ、マガレイ、チャガラ、キヌバリ、シワイカナゴ、ネズミゴチ、アサヒアナハゼ、メバル、エゾハリイカ、モミジガイ、スカシカシパン、ヨツアナカシパンなどでした。

1st
日 付 06-6-11 場 所 加茂
天 候 はれ 気 温 25℃
風 向 西 波 高 0m
水 温 14.7℃ 潜水時間 11:44-12:39
最大水深 10.4m 透明度 20m
2nd
日 付 06-6-11 場 所 水族館脇
天 候 はれ 気 温 25℃
風 向 波 高 0m
水 温 15.6℃ 潜水時間 14:57-15:50
最大水深 12.5m 透明度 20m
一本目は今年初めての加茂でした。アカモクの紅葉した林の中をゆっくりダイビングしてきました。アカモクの林を抜けて深場に行くにつれ透視度がよくなり、水深8mを越える頃には透視度が20mを越えていました。気持ちのいいダイビングでした。
マアジの大きな群れがいたる所で見られた。他見られた生き物たちウミタナゴ、ウスメバルとメバルの子供の群れ、ホンベラ、キュウセンベラ、アイナメ、クジメ、キヌバリ、ヘビギンポ、ナベカ、スズメダイ、ササノハベラ、ヒラメ、アサヒアナハゼ、アカイソアミ等が見られました。
アカモクの林を行く アカモクの林 ツルアラメ
※サザエやアワビが
喜ぶ海草です

1st
日 付 06-6-10 場 所 センター前ビーチ
天 候 くもり 気 温 19℃
風 向 北西 波 高 0m
水 温 16.4℃ 潜水時間 11:52-12:56
最大水深 5.9m 透明度 8m
2nd
日 付 06-6-10 場 所 三浦荘前
天 候 はれ 気 温 19℃
風 向 北西 波 高 0m
水 温 15.6℃ 潜水時間 14:47-15:34
最大水深 11.4m 透明度 15m
センター前ビーチでは只今水温16.4℃です。コンピューターゲージでは一番冷たい水温を記録するので、浅いほうでは18℃以上あると思われます。コアマモの白い花が可憐に咲いています。
見られた生き物キュウセンベラ、ホンベラ、ササノハベラ、アイナメ、クジメ、メバル、ウスメバル、ヨロイメバル、キツネメバル、ヒラメ、マガレイ、クロウシノシタ、コモンフグ、ウミタナゴ、チャガラ、キヌバリ、サビハゼ、マアジ、エゾハリイカ、エビジャコ、クロシタナシウミウシ、アカボシウミウシ、スカシカシパン、モミジガイ、トゲモミジガイなどでした。
本日の新人さん アマモ 砂茶碗

日 付 06-5-28 場 所 三浦荘前
天 候 気 温 20℃
風 向 南東 波 高 0m
水 温 13.7℃ 潜水時間 11:03-12:07
最大水深 11.3m 透明度 10m
昨日と違って雨、三浦荘前で1ダイブしました。ここは転石と砂の入り交じった所で、スジハゼとテッポウエビがいたる所で共生しているのが見れる。ササノハベラが見られたが、この魚も秋田の海で冬眠しているのだろうか。アイナメ、クジメ、キュウセンベラ、ホンベラ、ウミタナゴ、キヌバリ、マガレイ、メバル、トゲモミジガイ、トウヨウコシオリエビ、サンハチウロコムシなどが見られた。

1st
日 付 06-5-27 場 所 センター前ビーチ
天 候 はれ 気 温 25℃
風 向 南東 波 高 0m
水 温 14.4℃ 潜水時間 10:49-11:51
最大水深 6.4m 透明度 8m
2nd
日 付 06-5-27 場 所 水族館脇
天 候 はれ 気 温 25℃
風 向 南東 波 高 0m
水 温 12.9℃ 潜水時間 13:56-14:59
最大水深 10.6m 透明度 12m
ようやく水温も15度近くになってきました。センター前ビーチでは水温が高い分魚や生き物が多くなって来ました。普段は砂に隠れていてなかなか見ることが出来ない、オカメブンブクやベニガイなどが見られました。その他見られた生き物たちキュウセンベラ、ウミタナゴ、シワイカナゴ、アナハゼ、アサヒアナハゼ、キヌバリ、サビハゼ、ヒラメの子供、ウスメバルの子供、メイタガレイ、クジメ、アイナメ、ネズミゴチ、ギンポ、ダイナンギンポ、メバル、ムラソイ、ホウズキフシエラガイ、オトメウミウシ、シロウミウシ、エゾハリイカ、モミジガイ、スカシカシパン、ハスナハカシパン、ツメタガイなどでした。
ベニガイ オカメブンブク キュウセンベラ
オオパンカイメン マボヤの群生 ギンポ

1st
日 付 06-5-21 場 所 センター前ビーチ
天 候 はれ 気 温 17℃
風 向 南西 波 高 0m
水 温 12.8℃ 潜水時間 11:22-12:14
最大水深 5.1m 透明度 7m
2nd
日 付 06-5-21 場 所 水族館脇
天 候 はれ 気 温 17℃
風 向 南西 波 高 10cm
水 温 10.6℃ 潜水時間 14:45-15:33
最大水深 9.1m 透明度 13m
浅い所では水温が上がってきましたが、水深5m位を境に深い方はまだ冷たい。浅い方は春特有の春霞でやや濁っていた、深い方は冷たいが透明度は良かった。
浅く水温の高い所では冬眠から覚めたキュウセンベラが数は少ないが泳いでいた。キュウセンベラやホンベラが一杯出てくると海が賑わいだします。見られた生き物アイナメ、クジメ、シワイカナゴ、クサフグ、サビハゼ、メバル、ダイナンギンポ。ウミタナゴは大きなお腹をし、卵胎生でもう少しで出産すると思います。子供たちの群が見られるのももう少しです。エビジャコも抱卵していました、命の誕生の春です。ミズダコ、ホウズキフシエラガイ、スカシカシパン、ヨツアナカシパン、モミジガイなども見られました。

1st
日 付 06-5-8 場 所 塩戸
天 候 はれ 気 温 18℃
風 向 波 高 0m
水 温 10.2℃ 潜水時間 11:35-12:27
最大水深 5.7m 透明度 10m
2nd
日 付 06-5-8 場 所 センター前ビーチ
天 候 はれ 気 温 18℃
風 向 北東 波 高 0m
水 温 9.9℃ 潜水時間 14:19-15:02
最大水深 5.2m 透明度 10m
夏が来たような暑さでした。いろいろな種類の小さなクラゲが一杯います。アマモの蕾が膨らみ、白い花がそろそろ咲きそうです、水中でアマモの花見をしませんか。ハタハタの稚魚やイカナゴ、アカイソアミの群が見られました。世界最小のイカ、ヒメイカのペアも見られました、今が産卵期と思われます。その他に見られた生き物はクダヤガラ、ミズダコ、マガレイ、クサフグ、コモンフグ、ウミタナゴ、シワイカナゴ、アイナメ、クジメ、スカシカシパンなどでした。生き物が増えてきて楽しい季節になって来ました。

日 付 06-5-4 場 所 センター前ビーチ
天 候 はれ 気 温 12.5℃
風 向 西 波 高 0m
水 温 10.5℃ 潜水時間 11:40-12:38
最大水深 5.3m 透明度 12m
好天に恵まれ、水の冷たさを感じさせない気持ちのいいダイビングでした。ハタハタの稚魚が藻場での食害を恐れ砂場で一杯いました。ウミタナゴが増えてきました。ウミタナゴは卵胎生の魚でもう少しで出産の時期を迎えます。見られた生き物、アイナメ、クジメ、コモンフグ、クサフグ、チャガラ、キヌバリ、アサヒアナハゼ、シワイカナゴ、ホッケ、マガレイ、イカナゴを食べていたヒラツメガ二、モミジガイ、マナマコ、カブトクラゲ、カミクラゲなどでした。
カレイ ツアー記念撮影 ハタハタの稚魚

日 付 06-5-3 場 所 戸賀漁協脇
天 候 はれ 気 温 12℃
風 向 西 波 高 0m
水 温 9.5℃ 潜水時間 11:07-11:59
最大水深 6.4m 透明度 10m

日 付 06-4-30 場 所 塩戸
天 候 晴れ 気 温 18℃
風 向 南西 波 高 0m
水 温 10.3℃ 潜水時間 11:21-12:29
最大水深 3.6m 透明度 10m
秋田放送の依頼でハタハタの稚魚のハイビジョン撮影に行ってきました。
ハタハタはもうすっかり大きくなり、独特なムナビレで泳ぐ動きをしていました。もう少しで深海に旅立つと思われます。

日 付 06-4-29 場 所 センター前ビ
天 候 晴れ 気 温 18℃
風 向 南西 波 高 0m
水 温 9.7℃ 潜水時間 11:41-12:41
最大水深 5.3m 透明度 10m
連日の温かい日差しで、桜や椿、そしてこぶしの花が満開になりました。
海中では太陽の光が砂地にキラキラゆらめいて、ゆったりとダイビングが楽しめました、日本海は気温で、海水が暖められるので気温とともに水温も上がります。生き物たちの種類も日々増えて、ハタハタの稚魚・ウミタナゴ・メバル・クジメ・マガレイ・コモンフグ・サビハゼ・チャガラ・ホッケ・アメフラシ・スカシカシパン・ハスノハカシパンなどが見られました。
先日発売されました「男鹿水族館GAOと男鹿の海ガイド」の本も売れ行き好調です、ぜひ一冊お手元にどうぞ!
アオサ 泥岩 イイダコ

日 付 06-4-22 場 所 センター前ビーチ
天 候 くもり 気 温 6℃
風 向 西南西 波 高 0m
水 温 8.1℃ 潜水時間 10:47-11:32
最大水深 5.7m 透明度 5m

日 付 06-4-15 場 所 水族館脇
天 候 はれ 気 温 14℃
風 向 南南西 波 高 0m
水 温 8℃ 潜水時間 11:30-12:46
最大水深 7.5m 透明度 8m
久々の好天に誘われ、水族館脇でエントリーしてきました。陸上の気温はどんどん右肩上がりなのですが、水温はなかなか上がれず4/15現在で8℃、それでもミノウミウシ類が産卵中だったり、ホテイウオの稚魚や、全長2mのミズダコが撮影後のカメラを持ち去ろうとしたり、海の生き物は相変わらず一生懸命で、おちゃめな面もあり潜ってもあきる事がありません。
帰途の道端にはカタクリ、キクザキ一輪草が一面に可憐な花を咲かせて目を楽しませてくれました。
全長2mのミズダコ
カメラを抱える

日 付 06-4-1 場 所 センター前ビーチ
天 候 はれ 気 温 6℃
風 向 北西 波 高 0m
水 温 6.6℃ 潜水時間 13:08〜14:35
最大水深 4.1m 透明度 8m
前日のシケでやや濁っていた。今年は戸賀湾でハタハタの稚魚が多く見られる。海藻の森の間を胸鰭を広げて泳ぐ独特の動きをする稚魚も見られ順調に成長している。
ハタハタの稚魚の群 海藻の森 ワカメ

日 付 06-2-7 場 所 戸賀
天 候 気 温 0℃
風 向 北北西 波 高 0m
水 温 6.4℃ 潜水時間 12:49〜13:59
最大水深 3.6m 透明度 20m
秋田放送の依頼でハタハタのハイビジョン撮影に行く。盛んにハッチアウトしていた。透明度もよくいい映像が撮れました。6月に放映されるそうです。見てください。

日 付 06-01-29 場 所 センター前ビーチ
天 候 晴れ 気 温 3℃
風 向 波 高 0m
水 温 7,1℃ 潜水時間 12:23〜13:10
最大水深 5,4m 透明度 20m

年初から寒い日が続き海も荒れていますが、センター前ビーチは波も少なく潜れます。 透明度は20mはあろうかと思われる日が続いております。ホンダワラ類も大きく成長し、 ハタハタも卵から今にもハッチアウトしそうです。ハタハタの稚魚は5月一杯ダイバーの目を楽しませてくれます。 秋田の冬の海の素晴らしさを下の写真でご覧下さい。見られる生き物たちはクサフグ、海藻回りに群れるアミ、 マナマコ、イトマキヒトデ、マヒトデ、ハスノハカシパン、ヨウラククラゲ、クシクラゲなどでした。 食べられる海藻のワカメ、ギバサ(アカモク)も生えていた。 今年も100日のツアーを目指して沢山海に行きますのでどしどし来てください、お待ちいたしております。よろしくお願い致します。

’06 初潜り ハタハタの卵 砂場に育えている海藻 海藻とアミ

2015年ツアー日誌
2014年ツアー日誌
2013年ツアー日誌
2012年ツアー日誌
2011年ツアー日誌
2010年ツアー日誌
2009年ツアー日誌
2008年ツアー日誌
2007年ツアー日誌