ツアー日誌

1st
日 付 08-12-16 場 所 戸賀
天 候 はれ 気 温 8℃
風 向 南南西 波 高 0m
水 温 12.4℃ 潜水時間 13:09-13:58
最大水深 3.3m 透明度 15m
2nd
日 付 08-12-16 場 所 水族館裏
天 候 はれ 気 温 8℃
風 向 南南西 波 高 0m
水 温 14.2℃ 潜水時間 14:27-14:49
最大水深 6.7m 透明度 20m
ハタハタを求めて戸賀湾内に潜りましたがハタハタ、ブリコ共に少なかった。水族館裏はまだ水温が高く、今頃には冬眠しているはずのホンベラの幼魚が群れていた。見られた生き物ハタハタ、ウミタナゴ、チャガラ、アイナメ、クジメ、クサフグ、ヒガンフグ、クダヤガラ、アナハゼ、アサヒアナハゼ、ホンベラ、クロダイ、ニジギンポ、メジナ、メバル、マダコ、アカイソアミ、ホウズキフシエラガイ、シロウミウシ、クロシタナシウミウシ、ジボガウミウシ、スカシカシパン、ヨツアナカシパン、フウセンクラゲ、ヨウラククラゲ、ツノクラゲ、ウリクラゲ、ケムシクラゲなどでした。
クダヤガラ フウセンクラゲ ツノクラゲ

日 付 08-12-4 場 所 岩館
天 候 はれ 気 温 12℃
風 向 波 高 0m
水 温 12.3℃ 潜水時間 8:31-10:04
最大水深 4.7m 透明度 10m
岩館にハタハタの撮影に行ってきました。ハタハタは海が暗くなるほどの群れが泳いでいました。今年の岩館は磯焼けで海藻が極端に少なくブリコがいたる所の窪地に転がっていました。今泳いでいる群れもこの場所に産卵できるだけの海藻は無く心配です。5日の秋田放送で放映する予定だそうです。
ハタハタの群れ ハタハタの群れ 放置された網
海藻に付着出来なかった卵 打ち上げられたブリコ 白子で海が白濁

5年振りのセブでした。セブで20年ショップをやっている友人も元気でした。毎日3本計9本の潜り三昧で、夜はセブ市内やマクタンでシーフードの食事やショッピングを楽しみました。海は保護区をもうけたせいか魚やサンゴが多くなったと感じました。2月にもう一度行こうかと思っております、ご参加をお待ちいたしております。

日 付 08-11-11 場 所 ダイビングセンター前
ビーチ
天 候 はれ 気 温 13℃
風 向 波 高 0m
水 温 16.4℃ 潜水時間 12:14-13:04
最大水深 6.2m 透明度 20m
戸賀湾への新道路が開通しました。途中途中戸賀湾が見え絶景です。アイナメが婚姻色になってきました、そろそろ産卵が始まるのではないかと思います。明日からセブに行ってきます。見られた生き物マダイ、クロダイ、ウミタナゴ、マアジ、メバル、アイナメ、クジメ、サヨリ、ネズミゴチ、ニジギンポ、キュウセンベラ、ホンベラ、アナハゼ、アサヒアナハゼ、スイ、ヒラメ、クサフグ、マフグ、ヒガンフグ、アミメハギ、オハグロベラ、メジナ、マダコ、マナマコ、スカシカシパン、ヨツアナカシパン、モミジガイなどでした。
新道路から見た戸賀湾 海藻が大きくなってきた マダコ

日 付 08-10-21 場 所 水族館裏
天 候 はれ 気 温 19℃
風 向 北北西 波 高 0m
水 温 20.3℃ 潜水時間 11:28-12:20
最大水深 10.9m 透明度 20m
水中風景 オヤビッチャ オウギウミヒドラ

1st
日 付 08-10-19 場 所 水族館裏
天 候 はれ 気 温 24℃
風 向 南南西 波 高 0m
水 温 20.1℃ 潜水時間 10:50-11:50
最大水深 13.4m 透明度 15m
2nd
日 付 08-10-19 場 所 西黒沢
天 候 はれ 気 温 24℃
風 向 南南西 波 高 0m
水 温 20.1℃ 潜水時間 14:10-15:05
最大水深 6.1m 透明度 15m
夏が又戻ってきたような一日でした。1ダイブ後ダイビングセンターのベランダで昼食を取っていると戸賀湾からの照り返しで汗ばむほどでした。水族館裏でカンダイ(コブダイは和名の異名)の老成魚がいました。体長は80cmをゆうに超えていました、こぶも立派なものでした。見られた生き物アイナメ、クジメ、キュウセンベラ、ホンベラ、イシダイ、スズメダイ、ウミタナゴ、クサフグ、メバル、ササノハベラ、メジナ、ヘビギンポ、クロダイ、マダイ、オウゴンムラソイ、キツネメバル、ウマズラハギ、サヨリ、チャガラ、シロウミウシ、アオウミウシ、ジボガウミウシ、マダコなどでした。
西黒沢水中 西黒沢海底温泉

日 付 08-10-16 場 所 水族館裏
天 候 はれ 気 温 21℃
風 向 南南西 波 高 10cm
水 温 20.5℃ 潜水時間 11:39-12:35
最大水深 10.7m 透明度 15m
水温が20度でいつもの年よりかなり温かい。透明度も土日のシケから日数も経ち良かった。今日はいたる所でマアジの群れが見られ、又その中にマサバの群れが交じり一緒になって大きな群れを作っていた。見られた生き物マアジ、マサバ、マダイ、クロダイ、ホンベラ、キュウセンベラ、クサフグ、イシダイ、ウマズラハギ、ヨソギ、アミメハギ、ヒガンフグ、アイナメ、クジメ、メバル、ウミタナゴ、オキタナゴ、メジナ、アナハゼ、マダコ、アオリイカ、アオウミウシ、シロウミウシなどでした。
マアジの群れ

1st
日 付 08-10-13 場 所 戸賀漁協脇
天 候 はれ 気 温 20℃
風 向 南南西 波 高 10cm
水 温 19.4℃ 潜水時間 11:18-12:14
最大水深 6.7m 透明度 10m
2nd
日 付 08-10-13 場 所 入道崎
天 候 はれ 気 温 20℃
風 向 南南西 波 高 50cm
水 温 20.0℃ 潜水時間 14:48-15:35
最大水深 11.3m 透明度 8m
好天に恵まれ気持ちのいい一日でした。夕日もすばらしかった。昼食は北浦で獲れた鮭を使ってイクラ丼、ムニエル、カス汁を皆さんで食べました。海は先日までのシケでやや濁っていた。見られた生き物マダイ、クロダイ、クジメ、アイナメ、ウミタナゴ、ヒラメ、チャガラ、アミメハギ、ウマズラハギ、クサフグ、ヒガンフグ、アナハゼ、アサヒアナハゼ、メジナ、イシダイ、スズメダイ、トビヌメリ、シワイカナゴ、メバル、ニジギンポ、コケギンポ、アオリイカ、マダコ、クロシタナシウミウシなどでした。
イクラ丼 戸賀湾の夕日 チャガラの群れ

日 付 08-10-6 場 所 水族館裏
天 候 くもり 気 温 19℃
風 向 波 高 0m
水 温 21.3℃ 潜水時間 10:47-11:27
最大水深 10.1m 透明度 15m
数日シケていたのでシオグサがきれいに無くなって潜りやすくなりました。5日はシケ残りのうねりがあったが思ったより透視度は良かった。昼食はキリタンポ鍋で温まりました。今度の12日の日曜日はイクラ丼の予定です。醤油味と塩味で食べ放題です。ダイビングをしなくてもイクラ丼だけ食べに来てください。見られた生き物マダイ、クロダイ、メジナ、ホンベラ、キュウセンベラ、ウマズラハギ、アミメハギ、ヨソギ、ウミタナゴ、オキタナゴ、スズメダイ、カンダイ、アイナメ、クジメ、チャガラ、メバル、キツネメバル、イシダイ、トビヌメリ、クサフグ、マフグ、ムラソイ、ヘビギンポ、アオリイカ、アカイソアミ、クロシタナシウミウシ、ジボガウミウシ。
ナイトダイビングではイイダコ、ミミイカなどがいました。
ダイバー ウミタナゴの群れ ウマズラハギの群れ

1st
日 付 08-10-5 場 所 加茂
天 候 はれ 気 温 19℃
風 向 波 高 50cm
水 温 21.5℃ 潜水時間 11:32-12:24
最大水深 12.4m 透明度 10m
2nd
日 付 08-10-5
ナイトダイビング
場 所 ダイビングセンター前  ビーチ 
天 候 はれ 気 温 16℃
風 向 波 高 0m
水 温 21.1℃ 潜水時間 18:39-17:18
最大水深 4.2m 透明度 10m

1st
日 付 08-9-22 場 所 水族館裏
天 候 はれ 気 温 27℃
風 向 南西 波 高 0m
水 温 24.9℃ 潜水時間 13:11-14:13
最大水深 14.3m 透明度 20m
2nd
日 付 08-9-22 場 所 センター前ビーチ
天 候 はれ 気 温 26℃
風 向 西南西 波 高 0m
水 温 25.0℃ 潜水時間 15:20-16:14
最大水深 5.2m 透明度 20m
戸賀湾に沈む夕日がきれいです。ダイビングを終わって夕日を見ていると時を忘れます。
海の方は水温25℃で高い状態が続いており、透視度も雨が降らずシケもないのでこちらも最高の状態です。今年はカマス(20〜30cm)の群れがいたる所で見られ、これほど多く見た年は記憶にない。マアジ、チャガラ、カタクチイワシの群れも見られます。他見られた生き物アイナメ、クジメ、ウミタナゴ、オキタナゴ、マダイ、クロダイ、クサフグ、キュウセンベラ、ホンベラ、ササノハベラ、メジナ、イシダイ、ウマズラハギ、カワハギ、カマス、メバル、キツネメバル、ムラソイ、ヘビギンポ、タツノオトシゴ、カタクチイワシ、スズメダイ、シロギス、メナダ、アミメハギ、シワイカナゴ、チャガラ、トビヌメリ、ハオコゼ、コケギンポ、タカノハダイ、アナハゼ、アオリイカ、マダコ、シロウミウシ、アオウミウシ、ジボガウミウシ、アズキウミウシ、モミジガイ、スカシカシパンなどでした。
戸賀湾の夕日 ダイバー タカノハダイ
イシダイ マアジ タツノオトシゴ

1st
日 付 08-9-21 場 所 水族館裏
天 候 はれ 気 温 24℃
風 向 南南西 波 高 0m
水 温 24.7℃ 潜水時間 10:58-11:55
最大水深 12.8m 透明度 20m
2nd
日 付 08-9-21 場 所 入道崎
天 候 はれ 気 温 25℃
風 向 北西 波 高 0m
水 温 24.9℃ 潜水時間 14:25-15:16
最大水深 12.5m 透明度 20m

日 付 08-9-19 場 所 水族館裏
天 候 はれ 気 温 27℃
風 向 北西 波 高 0m
水 温 24.9℃ 潜水時間 12:34-13:19
最大水深 12.6m 透明度 20m
今日は男鹿海洋高校の生徒の実習の手伝いに行ってきました。皆礼儀正しい生徒たちで海の厳しさを学んでいるなーと思いました。ダイビングの方は、さすがに普段から学校の水深10mのプールで練習をしているので皆さん慣れたものでした。全員で16名マダイやクロダイも人の多さにビックリしたことでしょう。海に携わる学校ですが漁業だけでなくダイビングが教科にあるのはいいことだと思います。
集合写真 男鹿の海の海藻の説明をしているところ ダイビングは楽しいね

1st
日 付 08-9-16 場 所 塩戸
天 候 はれ 気 温 25℃
風 向 北東 波 高 0m
水 温 25.0℃ 潜水時間 12:27-13:23
最大水深 16.2m 透明度 20m
2nd
日 付 08-9-16 場 所 入道崎
天 候 はれ 気 温 25℃
風 向 波 高 0m
水 温 24.7℃ 潜水時間 14:21-15:08
最大水深 12.4m 透明度 15m
昨年にかほ消防署に潜水器材を納めさせていただいた関係で、潜水班の方と一緒にダイビングしてきました。きのうよりやや透視度が落ちていましたがそれでも15〜20mはあります。カマスの群れやマアジの群れ大きなマダイやクロダイなど見ごたえがあります。他見られた生き物キュウセンベラ、ホンベラ、ウミタナゴ、オキタナゴ、クサフグ、アイナメ、クジメ、メジナ、イシダイ、メバル、スズメダイ、チャガラ、ササノハベラ、ムラソイ、マダコ、サラサウミウシ、シロウミウシ、アオウミウシ、ジボガウミウシ、コモンウミウシ、ミズクラゲ、ヤツデヒトデなどでした。
日本海の夕日 マアジの群れ 人懐っこいマダイ

1st
日 付 08-9-15 場 所 加茂
天 候 はれ 気 温 24℃
風 向 波 高 0m
水 温 25.1℃ 潜水時間 10:40-11:29
最大水深 12.2m 透明度 25m
2nd
日 付 08-9-15 場 所 水族館裏
天 候 はれ 気 温 24℃
風 向 北西 波 高 0m
水 温 25.3℃ 潜水時間 13:43-14:34
最大水深 14.3m 透明度 25m
今日は抜けるような透明度で、その水のきれいな中を加茂湾の黒島を一周してきました。黒島の途中にコバルトブルーのソラスズメダイがベラ類に混じって派手な色彩を見せていました。黒島の周りは魚類が多く十分に楽しんできました。見られた生き物マダイ、クロダイ、ウミタナゴ、オキタナゴ、ホンベラ、キュウセンベラ、メジナ、ウマズラハギ、メバル、マアジ、チャガラ、クサフグ、カンダイ、シロギス、キツネメバル、ムラソイ、アイナメ、クジメ、ササノハベラ、コケギンポ、シロウミウシ、ダイダイウミウシ、クロシタナシウミウシ、シラユキモドキ、アカイソアミなどでした。
加茂湾全景奥が黒島 黒島の海底 黒島は魚が多い

1st
日 付 08-9-14 場 所 センター前ビーチ
天 候 はれ 気 温 26℃
風 向 波 高 0m
水 温 25.5℃ 潜水時間 11:01-11:54
最大水深 5.5m 透明度 10m
2nd
日 付 08-9-14 場 所 水族館裏
天 候 はれ 気 温 26℃
風 向 波 高 0m
水 温 25.2℃ 潜水時間 14:02-15:00
最大水深 12.8m 透明度 15m
水族館裏の全景 ここはクロダイが多い 海藻に隠れるアオリイカ

1st
日 付 08-9-13 場 所 センター前ビーチ
天 候 はれ 気 温 28℃
風 向 南西 波 高 0m
水 温 25.5℃ 潜水時間 10:54-11:49
最大水深 5.4m 透明度 10m
2nd
日 付 08-9-13 場 所 水族館裏
天 候 はれ 気 温 28℃
風 向 北西 波 高 0m
水 温 25.3℃ 潜水時間 13:45-14:44
最大水深 12.4m 透明度 20m
ダイビングセンター前では放流した3cm前後のマダイの子供が人に馴れているせいか群れて寄ってくる。水族館裏は透明度が良く、マダイの40〜60cm位のがよく見られた。他見られた生き物メナダ、クサフグ、クロダイ、キュウセンベラ、ホンベラ、トビヌメリ、ネズミゴチ、ヒラメ、ウマズラハギ、アミメハギ、カワハギ、ウミタナゴ、オキタナゴ、チャガラ、キヌバリ、ヒメジ、メジナ、マアジ、イシダイ、ヘビギンポ、ダイナンギンポ、メバル、ムラソイ、スズメダイ、カマス、シロギス、マダコ、イイダコ、アオウミウシ、シラユキモドキ、サラサウミウシなどでした。
アオウミウシ シラユキモドキ サラサウミウシ

1st
日 付 08-9-6 場 所 センター前ビーチ
天 候 はれ 気 温 28℃
風 向 北西 波 高 0m
水 温 26.3℃ 潜水時間 10:35-11:25
最大水深 5.9m 透明度 15m
2nd
日 付 08-9-6 場 所 水族館裏
天 候 はれ 気 温 30℃
風 向 西 波 高 0m
水 温 26.1℃ 潜水時間 13:35-14:42
最大水深 14.0m 透明度 15m
8月より水温が上がり、透明度も増してきた。今年産まれの魚達が群れ、ダイビングのベストシーズンが来た。見られた生き物マダイ、クロダイ、キュウセンベラ、ホンベラ、クサフグ、アミメハギ、カワハギ、ウマズラハギ、ウミタナゴ、オキタナゴ、メバル、キツネメバル、クロソイ、ムラソイ、ヒラメ、トビヌメリ、ネズミゴチ、クダヤガラ、キヌバリ、チャガラ、ヒメジ、アイナメ、クジメ、メジナ、ヘビギンポ、アナハゼ、アサヒアナハゼ、イシダイ、スズメダイ、シロギス、マダコ、シロウミウシ、コモンウミウシ、ジボガウミウシ、シラヒメウミウシ、メリベウミウシ、スカシカシパン、ヨツアナカシパン、モミジガイなどでした。
カリオヒラムシ チャガラの稚魚 クサフグの稚魚

1st
日 付 08-9-5 場 所 センター前ビーチ
天 候 はれ 気 温 29℃
風 向 波 高 0m
水 温 26.2℃ 潜水時間 10:47-11:37
最大水深 5.3m 透明度 12m
2nd
日 付 08-9-5 場 所 センター前ビーチ
天 候 はれ 気 温 29℃
風 向 波 高 0m
水 温 26.7℃ 潜水時間 13:12-14:09
最大水深 5.1m 透明度 12m
クサフグの餌付け
時々耳をかじられます
体験ダイビングの風景 カワハギの餌探しと
横取りしようとする
キュウセンベラ

1st
日 付 08-8-31 場 所 塩戸西側
天 候 はれ 気 温 27℃
風 向 北東 波 高 0m
水 温 25.1℃ 潜水時間 10:44-11:37
最大水深 12.8m 透明度 10m
2nd
日 付 08-8-31 場 所 三浦荘前
天 候 はれ 気 温 27℃
風 向 北東 波 高 0m
水 温 25.0℃ 潜水時間 14:07-15:00
最大水深 11.1m 透明度 10m
忙しさにかまけてツアー日誌の更新を疎かにしてしまいましたが、ほとんど毎日海に行っておりました。ようやく忙しさのピークも終わり一段落ですが、秋田の海はこれからがベストシーズンです。生き物はキュウセンベラ、ホンベラ、オキタナゴ、クサフグ、チャガラ、スズメダイのかわいい子供たちがたくさん群れています。見られた生き物マダイ、クロダイ、イシダイ、ウミタナゴ、メバル、ムラソイ、クロソイ、キツネメバル、キヌバリ、コモンフグ、ササノハベラ、アミメハギ、ウマズラハギ、アイナメ、クジメ、マアジ、マサバ、トビヌメリ、シロギス、アナハゼ、シワイカナゴ、サヨリ、カマス、スイ、ヘビギンポ、ニジギンポ、マダコ、アオリイカ、アオウミウシ、シロウミウシ、コモンウミウシ、シラウメウミウシ、クロシタナシウミウシ、オトメウミウシ、サラサウミウシ、ジボガウミウシ、メリベウミウシ、オオブンブク、スカシカシパン、モミジガイなどでした。

1st
日 付 08-8-30 場 所 センター前ビーチ
天 候 くもり 気 温 25℃
風 向 波 高 0m
水 温 25.8℃ 潜水時間 10:41-11:36
最大水深 5.5m 透明度 8m
2nd
日 付 08-8-30 場 所 水族館裏
天 候 くもり 気 温 25℃
風 向 波 高 0m
水 温 24.9℃ 潜水時間 14:01-14:58
最大水深 11.6m 透明度 10m

日 付 08-8-8 場 所 男鹿市ダイビング    センター前ビーチ
天 候 はれ 気 温 28℃
風 向 南西 波 高 0m
水 温 26.9℃ 潜水時間 10:50-11:50
最大水深 5.7m 透明度 10m

1st
日 付 08-7-27 場 所  男鹿市ダイビング    センター前ビーチ
天 候 はれ 気 温 29℃
風 向 西 波 高 0m
水 温 25.9℃ 潜水時間 10:51-11:45
最大水深 5.7m 透明度 8m
2nd
日 付 08-7-27 場 所 水族館裏
天 候 はれ 気 温 29℃
風 向 西 波 高 0m
水 温 23.6℃ 潜水時間 14:28-15:22
最大水深 12.7m 透明度 10m

1st
日 付 08-7-26 場 所 大黒島ボート
天 候 はれ 気 温 27℃
風 向 北西 波 高 10cm
水 温 23.2℃ 潜水時間 11:40-12:20
最大水深 18.5m 透明度 15m
2nd
日 付 08-7-26 場 所 さざえ繰りボート
天 候 はれ 気 温 27℃
風 向 北西 波 高 10cm
水 温 23.2℃ 潜水時間 14:49-15:26
最大水深 20.2m 透明度 15m

1st
日 付 08-7-25 場 所  男鹿市ダイビング    センター前ビーチ
天 候 はれ 気 温 25℃
風 向 南西 波 高 0m
水 温 25.3℃ 潜水時間 11:12-12:05
最大水深 5.6m 透明度 10m
2nd
日 付 08-7-25 場 所 水族館裏
天 候 はれ 気 温 25℃
風 向 南西 波 高 0m
水 温 23.9℃ 潜水時間 14:22-15:26
最大水深 12.8m 透明度 15m

日 付 08-7-22 場 所  男鹿市ダイビング    センター前ビーチ
天 候 はれ 気 温 28℃
風 向 南南西 波 高 0m
水 温 24.1℃ 潜水時間 14:20-15:21
最大水深 5.5m 透明度 10m

1st
日 付 08-7-20 場 所 水族館駐車場
天 候 はれ 気 温 26℃
風 向 北西 波 高 0m
水 温 22.4℃ 潜水時間 10:36-11:32
最大水深 13.5m 透明度 8m
2nd
日 付 08-7-20 場 所 入道崎
天 候 はれ 気 温 26℃
風 向 北西 波 高 20cm
水 温 21.8℃ 潜水時間 14:22-15:08
最大水深 13.7m 透明度 15m

1st
日 付 08-7-19 場 所 赤島
天 候 はれ 気 温 26℃
風 向 北西 波 高 0m
水 温 21.7℃ 潜水時間 11:00-11:52
最大水深 14.1m 透明度 10m
2nd
日 付 08-7-19 場 所 水族館裏
天 候 はれ 気 温 26℃
風 向 北西 波 高 0m
水 温 20.6℃ 潜水時間 14:30-15:25
最大水深 13.0m 透明度 10m

日 付 08-7-15 場 所   男鹿市ダイビング    センター前ビーチ
天 候 はれ 気 温 25℃
風 向 北西 波 高 0m
水 温 23.3℃ 潜水時間 10:09-11:07
最大水深 5.7m 透明度 10m

1st
日 付 08-7-13 場 所 水族館裏
天 候 はれ 気 温 26℃
風 向 南西 波 高 0m
水 温 22.7℃ 潜水時間 10:51-11:51
最大水深 11.6m 透明度 15m
2nd
日 付 08-7-13 場 所 男鹿市ダイビングセンター前
天 候 はれ 気 温 26℃
風 向 南西 波 高 0m
水 温 23.2℃ 潜水時間 14:05-14:57
最大水深 5.5m 透明度 8m
6月に比べて水温が高くなり、生き物も多く目に付くようになってきました。カタクチイワシやマアジ、オキタナゴの稚魚の群れなど魚影も濃くなり、いよいよダイビングシーズンの到来です。
12・13日で見ることの出来た生き物は、アイナメ・クジメ・メバル・アサヒアナハゼ・ウミタナゴ・オキタナゴ・ホンベラ・キュウセンベラ・ササノハベラ・ヘビギンポ・マアジ・キヌバリ・チャガラ・クロダイ・マダイ・スズメダイ・イシダイ・ムラソイ・メジナ・キツネメバル・カタクチイワシ・コモンフグ・クサフグ・アミメハギ・ヒラメ・ナベカ・シロウミウシ・オトメウミウシ・アカボシウミウシ・カリオヒラムシ・アカクラゲ・オワンクラゲ・ケムシクラゲなどでした。
イシダイ 空き缶に住み着いた
ハゼ
刺されると危険な
アカクラゲ

1st
日 付 08-7-12 場 所 三浦荘前
天 候 くもり 気 温 23℃
風 向 北北西 波 高 0m
水 温 20℃ 潜水時間 10:42-11:35
最大水深 11.9m 透明度 10m
2nd
日 付 08-7-12 場 所 加茂
天 候 くもり 気 温 23℃
風 向 北北西 波 高 30cm
水 温 21℃ 潜水時間 13:57-14:42
最大水深 12.5m 透明度 20m

1st
日 付 08-6-29 場 所 男鹿市ダイビングセンター前
天 候 はれ 気 温 23℃
風 向 北東 波 高 なし
水 温 15.3℃ 潜水時間 11:35-15:21
最大水深 5.8m 透明度 15m
2nd
日 付 08-6-29 場 所 水族館裏
天 候 はれ 気 温 23℃
風 向 北東 波 高 なし
水 温 15.4℃ 潜水時間 14:35-15:21
最大水深 12.3m 透明度 15m
海藻が少しずつ抜け出し潜りやすくなって来た。今の時期にしては透明度はかなり良い、深い方では20m以上見える。今年初めてタカノハダイを見た。他見られた生き物アイナメ、クジメ、マダイ、クロダイ、メバル、キツネメバル、ムラソイ、チャガラ、キヌバリ、ウミタナゴ、シロギス、トビヌメリ、メジナ、ガジ、スズメダイ、ヘビギンポ、エゾハリイカ、シロウミウシ、アオウミウシ、アカエラミノウミウシ、ホウズキフシエラガイ、アカボシウミウシ、オトメウミウシ、オワンクラゲ、スカシカシパン、ヨツアナカシパンなどでした。
タカノハダイ エゾハリイカ 枯れだした海藻

日 付 08-6-27 場 所 男鹿市ダイビングセンター前
天 候 はれ 気 温 24℃
風 向 西南西 波 高 なし
水 温 15.7℃ 潜水時間 11:32-12:27
最大水深 5.4m 透明度 15m

1st
日 付 08-6-22 場 所 塩戸
天 候 はれ 気 温 29℃
風 向 北北西 波 高 0m
水 温 18.5℃ 潜水時間 11:05-12:03
最大水深 13m 透明度 15m
2nd
日 付 08-6-22 場 所 水族館裏
天 候 はれ 気 温 29℃
風 向 北北西 波 高 0m
水 温 18.5℃ 潜水時間 14:37-15:42
最大水深 14.3m 透明度 15m
水温が4日前より1℃上がっていた。昨年の記録では今頃は20℃を上まっているので昨年よりはまだ2℃位低い。前回はいなかったササノハベラが見られた。生物は出現する水温が微妙に違うのを感じる。見られた生き物マダイ、クロダイ、メバル、キツネメバル、アイナメ、クジメ、キュウセンベラ、ホンベラ、ササノハベラ、キヌバリ、チャガラ、ハオコゼ、ナベカ、ヘビギンポ、アナハゼ、アサヒアナハゼ、ウミタナゴ、メジナ、スズメダイ、イシダイ、ムラソイ、ミズクラゲ、クシクラゲ、フウセンクラゲ、シロウミウシ、ホウズキフシエラガイ、ダイダイウミウシ、オトメウミウシ、アカボシウミウシなどでした。
ミズクラゲ メジナの群れ 枯れてきたワカメ

1st
日 付 08-6-18 場 所   男鹿市ダイビング   センター前
天 候 はれ 気 温 23℃
風 向 北西 波 高 なし
水 温 17.3℃ 潜水時間 11:37-12:30
最大水深 6.8m 透明度 10m
2nd
日 付 08-6-18 場 所 水族館裏
天 候 はれ 気 温 23℃
風 向 北西 波 高 なし
水 温 17.6℃ 潜水時間 14:28-15:19
最大水深 13.9m 透明度 15m
水温の上昇とともにアカモクが色付きさながら紅葉のようです。これからもう少し水温が上がると、アカモクなどのホンダワラ類は枯れ岩から抜け流れ藻となって海を漂います。ウミタナゴは出産シーズンで生まれたての稚魚が群れています。またメバルの子供やカレイの子供も一杯います。平日もツアーを行っております。透明度もいいのでダイビングに来てください。見られた生き物キュウセンベラ、ホンベラ、マダイ、クロダイ、アミメハギ、ウミタナゴ、メバル、キツネメバル、ムラソイ、アイナメ、クジメ、マアジ、キヌバリ、チャガラ、アサヒアナハゼ、トビヌメリ、サビハゼ、ガジ、メジナ、スズメダイ、カンダイ、イシダイ、ナベカ、ヘビギンポ、クロウシノシタ、ダイナンウミヘビ、コモンフグ、シロウミウシ、オトメウミウシ、アカボシウミウシ、ホウズキフシエラガイ、スカシカシパン、ヨツアナカシパン、モミジガイ、オワンクラゲなどでした。魚の種類が増えてきました。
オワンクラゲ センター前ビーチの風景 色付いたアカモク

1st
日 付 08-5-18 場 所 塩戸西側
天 候 はれ 気 温 21℃
風 向 波 高 0m
水 温 12℃ 潜水時間 11:41-12:36
最大水深 13.2m 透明度 20m
2nd
日 付 08-5-18 場 所 戸賀漁協脇
天 候 はれ 気 温 21℃
風 向 波 高 0m
水 温 12℃ 潜水時間 14:17-15:11
最大水深 6.8m 透明度 13m
塩戸にある幅3m位の両側が切り立った壁面には付着生物が多くじっくり観察すると大変面白い所です。18日に壁面で見られた生き物、メダカラガイ、ヒメホウキムシ、ウミイチゴ、フトヤギ、ウスマメホネナシサンゴ、コマイハナゴケ各種のカイメン類等々の生き物が見られました。また生き物の種類がどんどん多くなってきております。その他見られた生き物アイナメ、クジメ、アサヒアナハゼ、ナベカ、ウミタナゴ、オキタナゴ、チャガラ、キヌバリ、ムラソイ、メバル、メジナ、ネズミゴチ、アナハゼ、キュウセンベラ、ガジ、コモンフグ、クサフグ、ヒメコウイカ、シロウミウシ、エムラミノウミウシ等でした。アマモの花も咲きだしました。
朝霧が海から山へ
たなびいていた
塩戸水中風景 サケガシラか?
死んでいた

1st
日 付 08-5-17 場 所   男鹿市ダイビング  センター前
天 候 はれ 気 温 19℃
風 向 北西 波 高 0m
水 温 12℃ 潜水時間 11:18-12:07
最大水深 6.1m 透明度 10m
2nd
日 付 08-5-17 場 所 塩戸西側
天 候 はれ 気 温 19℃
風 向 北西 波 高 0m
水 温 12.4℃ 潜水時間 14:15-15:04
最大水深 10.5m 透明度 15m
センター前ビーチではキュウセンベラ、ホンベラが冬眠から覚め見られるようになってきた。
見られた生き物アナハゼ、ネズミゴチ、シワイカナゴ、メバル、チャガラ、ウミタナゴ、コモンフグ、アサヒアナハゼ、アイナメ、クジメ、モミジガイ、スカシカシパン、ヨウラククラゲ、ホウズキフシエラガイなどでした・
砂紋に光紋 キュウセンベラ ヨウラククラゲ

1st
日 付 08-5-5 場 所 ボートダイビング
サザエ繰り
天 候 あめ 気 温 22℃
風 向 波 高 0m
水 温 13.2℃ 潜水時間 10:57-11:28
最大水深 21.8m 透明度 10m
2nd
日 付 08-5-5 場 所 ボートダイビング
大黒島
天 候 あめ 気 温 22℃
風 向 波 高 0m
水 温 12.1℃ 潜水時間 13:49-14:28
最大水深 21.2m 透明度 10m

1st
日 付 08-5-3 場 所 水族館裏
天 候 はれ 気 温 28℃
風 向 南西 波 高 0m
水 温 11.7℃ 潜水時間 10:54-11:51
最大水深 12.2m 透明度 8m
2nd
日 付 08-5-3 場 所 入道崎
天 候 はれ 気 温 28℃
風 向 南西 波 高 0m
水 温 11.3℃ 潜水時間 14:51-15:28
最大水深 12.2m 透明度 8m
3rd
日 付 08-5-4 場 所 ナイトダイビング
センター前ビーチ
天 候 はれ 気 温 25℃
風 向 南西 波 高 0m
水 温 12.7℃ 潜水時間 19:10-20:05
最大水深 5.2m 透明度 10m

1st
日 付 08-5-3 場 所 男鹿市ダイビング
センター前ビーチ
天 候 はれ 気 温 25℃
風 向 南西 波 高 なし
水 温 12.1℃ 潜水時間 11:59-12:43
最大水深 5.5m 透明度 10m
2nd
日 付 08-5-3 場 所 水族館裏
天 候 はれ 気 温 25℃
風 向 波 高 なし
水 温 11.2℃ 潜水時間 14:36-15:19
最大水深 10.4m 透明度 8m

日 付 08-4-30 場 所 塩戸
天 候 はれ 気 温 20℃
風 向 南西 波 高 10cm
水 温 11.1℃ 潜水時間 14:24-13:12
最大水深 5.4m 透明度 10m
気温が高いので水中の寒さは感じられなかった。やや濁りあんばいで春霞といったところです。ハタハタの稚魚を探しに行ったのですが見られず残念でした。今頃は4cm前後に成長しハタハタの模様が出ているころです。人なつっこいミズダコが居てイボニシを割ってやるとすぐに手から取っていく。自分で餌を探すときは足の幕を投網のように広げてエビ、カニ、小魚等を逃がさないようにし、石の下に足を入れ餌を探します。見られた魚チャガラ、アイナメ、クジメ、アサヒアナハゼなどでした。
タコのお友達 食事中

日 付 08-4-6 場 所 男鹿市ダイビング
センター前ビーチ
天 候 はれ 気 温 12℃
風 向 南西 波 高 0m
水 温 9.3℃ 潜水時間 14:46-15:32
最大水深 6.7m 透明度 15m
暖かくなり男鹿ではカタクリやイチリンソウが咲いています。暖かさとともにツアーの申し込みも増えてきました。外海は二日前のシケの影響でうねっていた。戸賀湾内は透明度もよく、太陽光が波間から水中に差込みキラキラ輝いていました。
見られた生き物シワイカナゴ、ハタハタの稚魚、チャガラ、キヌバリ、ウミタナゴ、ガジ、ネズミゴチ、オワンクラゲ、ヨウラククラゲ、ウリクラゲ、フウセンクラゲ、キサゴ、モミジガイ、スカシカシパン、イイジマヒラムシなどでした。
ウミタナゴ オワンクラゲ 鵜の崎海岸の夕日

1st
日 付 08-3-20 場 所 男鹿市ダイビング
センター前ビーチ
天 候 はれ 気 温 13℃
風 向 北北東 波 高 0m
水 温 7.9℃ 潜水時間 11:39-12:25
最大水深 5.2m 透明度 15m
2nd
日 付 08-3-20 場 所 水族館裏
天 候 はれ 気 温 13℃
風 向 北北東 波 高 10cm
水 温 7.8℃ 潜水時間 14:43-15:29
最大水深 9.4m 透明度 10m
やや濁っていた海の春霞と言ったところか。水温は低いが気温が高いのでそんなに寒さは感じられなかった。ホンダワラ類は大きく成長し、その脇をハタハタの稚魚が群れていました。
見られた生き物チャガラ、ネズミゴチ、シワイカナゴ、コモンフグ、クロダイ、ハタハタの稚魚、マダコ、モミジガイ、マヒトデ、イトマキヒトデ、ホウズキフシエラガイ、ウミイチゴ、ベニガイ,スカシカシパン、ハスノハカシパンなどでした。
ハタハタの稚魚 マダコ 「しょこたん」のブログで有名になったスカシカシパン

日 付 08-2-10 場 所 水族館裏
天 候 はれ 気 温 5℃
風 向 北東 波 高 0m
水 温 8.2℃ 潜水時間 10:26-11:32
最大水深 10.2m 透明度 15m
青空の中に白神岳が白くくっきりと見えていました。柴灯祭で水族館には一杯お客さんが来ていました。海はまた少し水温が下がり8.2度でした。まだもう少し水温は下がると思います。ハタハタの稚魚がいたる所で群れていました。男鹿が北限で稀にしか見られないメダカラガイもいました。その他見られた生き物メバル、コモンフグ、ミズダコ、ホウズキフシエラガイ、オトメウミウシ、シロウミウシ、サクラミノウミウシ、フウセンクラゲ、ヨウラククラゲ、オワンクラゲ、チョウクラゲなどでした。

日 付 08-1-29 場 所 戸賀湾
天 候 くもり 気 温 4℃
風 向 波 高 0m
水 温 9℃ 潜水時間 12:48-14:01
最大水深 4.1m 透明度 15m
暖かかったのでハタハタのブリコの状態を見てきました。20%位ハッチアウトし、稚魚はアマモ場の方に移動し群れていました。ハタハタの卵はおおよそ1000〜2000粒位あり、外側から順次、2〜3週間かけて生まれてきます。生まれた稚魚は次第に大きな群れをつくり、5月頃に水温の上昇と共に深場へ移動していきます。2年後から産卵に接岸します。チャガラ、コモンフグ、ネズミゴチ、エビジャコなどが見られたが、生き物は少なかった。
ブリコ 転がりながらも発眼していた アマモの林に群れる稚魚

2015年ツアー日誌
2014年ツアー日誌
2013年ツアー日誌
2012年ツアー日誌
2011年ツアー日誌
2010年ツアー日誌
2009年ツアー日誌
2007年ツアー日誌
2006年ツアー日誌