ツアー日誌

1st
日 付 12-10-7 場 所 赤島
天 候 はれ 気 温 22℃
風 向 波 高 0cm
最低水温 24.8℃ 潜水時間 11:10-12:04
最大水深 13.8m 透明度 15m
2nd
日 付 12-10-7 場 所 塩戸
天 候 はれ 気 温 22℃
風 向 波 高 0m
最低水温 25℃ 潜水時間 14:17-15:16
最大水深 12.1m 透明度 15m
ソラスズメダイ オキナヒメジ 魚を捕食するアオリイカ
ギンカクラゲ マンリョウウミウシ ハナデンシャ

1st
日 付 12-10-6 場 所 塩戸
天 候 くもり 気 温 22℃
風 向 南西 波 高 0m
最低水温 25.1℃ 潜水時間 10:59-11:57
最大水深 11.7m 透明度 15m
2nd
日 付 12-10-6 場 所 加茂
天 候 くもり 気 温 22℃
風 向 南西 波 高 0m
最低水温 25.2℃ 潜水時間 14:24-15:19
最大水深 14.2m 透明度 15m

日 付 12-10-4 場 所 塩戸
天 候 はれ 気 温 22℃
風 向 北東 波 高 0m
最低水温 24.6℃ 潜水時間 13:53-14:52
最大水深 13.2m 透明度 15m

日 付 12-9-30 場 所 センター前ビーチ
天 候 はれ 気 温 24℃
風 向 波 高 0m
最低水温 25.6℃ 潜水時間 10:45-11:26
最大水深 5.5m 透明度 15m
気温の低下とともに水温も徐々に下がってきました。それに反して透視度はぐんぐん高まってダイビングには最高のコンディションです。見られた生き物マダイ、クロダイ、マアジ、ウミタナゴ、メバル、クサフグ、シマウシノシタ、アミメハギ、ヒラメ、クロウシノシタ、カワハギ、ウマズラハギ、ヒガンフグ、ヨウジウオ、イシダイ、キュウセン、ホンべラ、キツネメバル、メジナ、スズメダイ、キジハタ、ササノハベラ、クジメ、サヨリ、マダコ、イイダコ、アオリイカ、シロウミウシ、クロシタナシウミウシ、コモンウミウシ、タマミルウミウシ、サラサウミウシなどでした。
タマミルウミウシ
(9/28)
タカノハダイ
(9/29)
クロウシノシタ
(9/30)

1st
日 付 12-9-29 場 所 センター前ビーチ
天 候 はれ 気 温 25℃
風 向 南南西 波 高 0m
最低水温 25.9℃ 潜水時間 10:50-11:47
最大水深 5.6m 透明度 15m
2nd
日 付 12-9-29 場 所 塩戸
天 候 はれ 気 温 25℃
風 向 南南西 波 高 0m
最低水温 26.1℃ 潜水時間 14:12-15:12
最大水深 16.3m 透明度 20m
3rd
日 付 12-9-29 場 所 センター前ビーチ
(ナイトダイビング)
天 候 はれ 気 温 25℃
風 向 南南西 波 高 0m
最低水温 25.6℃ 潜水時間 17:51-18:48
最大水深 5.5m 透明度 15m

日 付 12-9-28 場 所 水族館裏
天 候 はれ 気 温 26℃
風 向 波 高 0m
最低水温 26.7℃ 潜水時間 14:04-14:55
最大水深 13.5m 透明度 20m

1st
日 付 12-9-23 場 所 塩戸
天 候 くもり 気 温 22℃
風 向 北東 波 高 0m
最低水温 26.8℃ 潜水時間 11:20-12:12
最大水深 13.3m 透明度 15m
2nd
日 付 12-9-23 場 所 水族館裏
天 候 くもり 気 温 22℃
風 向 北東 波 高 0m
最低水温 26.9℃ 潜水時間 14:20-15:21
最大水深 12.1m 透明度 15m

1st
日 付 12-9-22 場 所 入道崎
天 候 はれ 気 温 26℃
風 向 波 高 0m
最低水温 27.5℃ 潜水時間 10:53-11:49
最大水深 11.9m 透明度 15m
2nd
日 付 12-9-22 場 所 水族館裏
天 候 はれ 気 温 26℃
風 向 波 高 0m
最低水温 27.8℃ 潜水時間 14:18-15:15
最大水深 10.6m 透明度 15m
3rd
日 付 12-9-22 場 所 センター前ビーチ
(ナイトダイビング)
天 候 はれ 気 温 26℃
風 向 波 高 0m
最低水温 27.3℃ 潜水時間 18:08-19:01
最大水深 5.2m 透明度 15m

1st
日 付 12-9-17 場 所 センター前ビーチ
天 候 はれ 気 温 34℃
風 向 南東 波 高 0m
最低水温 28.5℃ 潜水時間 10:55-11:47
最大水深 5.3m 透明度 15m
2nd
日 付 12-9-17 場 所 水族館裏
天 候 はれ 気 温 34℃
風 向 南東 波 高 0m
最低水温 28.1℃ 潜水時間 14:03-14:59
最大水深 13.2m 透明度 15m

1st
日 付 12-9-16 場 所 センター前ビーチ
天 候 はれ 気 温 31℃
風 向 波 高 0m
最低水温 28.6℃ 潜水時間 10:43-11:33
最大水深 6.2m 透明度 15m
2nd
日 付 12-9-16 場 所 塩戸
天 候 はれ 気 温 31℃
風 向 波 高 0m
最低水温 28.3℃ 潜水時間 14:06-14:59
最大水深 14.2m 透明度 15m

1st
日 付 12-9-15 場 所 水族館裏
天 候 はれ 気 温 33℃
風 向 波 高 20cm
最低水温 28.1℃ 潜水時間 10:55-11:52
最大水深 10m 透明度 15m
2nd
日 付 12-9-15 場 所 入道崎
天 候 はれ 気 温 33℃
風 向 波 高 0m
最低水温 28.3℃ 潜水時間 14:10-15:05
最大水深 12m 透明度 15m
連日30度を超える暑い日が続いております。水温も28度台で沖縄の海というより熱帯の海の温かさです。キハッソクやオヤビッチャ、オキナヒメジなど南からのお客さん魚が見られています。稲刈りが始まっていますが、水中でも海藻類が芽生え始めて秋の気配が感じられてきました。見られた生き物マダイ、クロダイ、イシダイ、キュウセン、ホンべラ、ササノハベラ、マアジ、アイナメ、クジメ、チャガラ、サヨリ、クサフグ、ウミタナゴ、ウマズラハギ、カワハギ、アミメハギ、メジナ、スズメダイ、メバル、ムラソイ、アナハゼ、メナダ、ヒメジ、シロギス、スイ、ヒラメ、クロウシノシタ、トビヌメリ、ネズミゴチ、ナベカ、コケギンポ、ヘビギンポ、タケギンポ、キジハタ、カンダイ、ヨウジウオ、タツノオトシゴ、ブリの子供のイナダ、アカカマス、マダコ、アオリイカ、シロウミウシ、アオウミウシ、クロシタナシウミウシ、サラサウミウシ、ジボガウミウシ、コモンウミウシ、シラユキモドキ、ヒラミルミドリガイなどでした。
オヤビッチャ キハッソク キジハタ
ヨウジウオ 体験ダイビングの風景 海藻が芽生えて来た

日 付 12-9-14 場 所 象潟
天 候 はれ 気 温 31℃
風 向 北西 波 高 0m
最低水温 28.6℃ 潜水時間 10:13-11:46
最大水深 4.7m 透明度 20m
忙しくツアー日誌をご無沙汰しました。今日は県の水産振興センターの依頼でカキ礁の掃除に行ってきました。今日で2日目です。透視度は昨日にも増して素晴らしく20m以上でした。時々アオリイカが作業の見物に来ていました。明日からの3連休の男鹿ツアーが楽しみです。
海から見る鳥海山 作業風景 作業後のカキ礁

1st
日 付 12-8-6 場 所 センター前ビーチ
天 候 気 温 27℃
風 向 西 波 高 0m
最低水温 27.9℃ 潜水時間 11:03-11:54
最大水深 5.5m 透明度 10m
2nd
日 付 12-8-6 場 所 水族館裏
天 候 気 温 28℃
風 向 西 波 高 0m
最低水温 26.5℃ 潜水時間 14:44-15:46
最大水深 10.4m 透明度 10m
天気予報では6日月曜日は雨で秋田市内は降ったようですが男鹿は一滴も降りませんでした。青空も見えていました。秋田タウン情報の取材で海洋体験ダイビングとファンダイビング客を連れて水族館裏に1ダイブしてきました。シケないのでホンダワラ類がまだ抜け切れていませんでした。見られた生き物クサフグ、キュウセン、マダイ、水、トビヌメリ、チャガラ、ウミタナゴ、オキタナゴ、クロダイ、メバル、キツネメバル、メジナ、クジメ、アイナメ、ウマズラハギ、ホンべラ、アナハゼ、マアジ、アサヒアナハゼ、イシダイ、ヘビギンポ、マサバ、ムラソイ、スズメダイ、オニオコゼ、シマウシノシタ、マダコ、アオリイカなどでした。
ミズクラゲを食べるウマズラハギ シマウシノシタ アオリイカ

1st
日 付 12-8-4 場 所 センター前ビーチ
天 候 はれ 気 温 32℃
風 向 波 高 0m
最低水温 25.7℃ 潜水時間 10:57-11:53
最大水深 6.2m 透明度 10m
2nd
日 付 12-8-4 場 所 水族館裏
天 候 はれ 気 温 32℃
風 向 波 高 0m
最低水温 27℃ 潜水時間 14:00-15:01
最大水深 9.9m 透明度 10m
タツノオトシゴ アミメキンセンガニ アジの群れ

1st
日 付 12-7-29 場 所 水族館裏
天 候 はれ 気 温 29℃
風 向 南西 波 高 0m
最低水温 24.7℃ 潜水時間 10:45-11:31
最大水深 12.7m 透明度 15m
2nd
日 付 12-7-29 場 所 入道崎
天 候 はれ 気 温 29℃
風 向 南西 波 高 0m
最低水温 24.2℃ 潜水時間 13:49-14:36
最大水深 8.3m 透明度 10m

1st
日 付 12-7-28 場 所 センター前ビーチ
天 候 くもり 気 温 28℃
風 向 南南西 波 高 0m
最低水温 24.9℃ 潜水時間 11:08-12:09
最大水深 5.1m 透明度 8m
2nd
日 付 12-7-28 場 所 入道崎
天 候 はれ 気 温 28℃
風 向 南南西 波 高 0m
最低水温 24.3℃ 潜水時間 14:25-15:18
最大水深 12.8m 透明度 15m

1st
日 付 12-7-7 場 所 塩戸
天 候 はれ 気 温 28℃
風 向 波 高 0m
最低水温 20.2℃ 潜水時間 10:51-11:46
最大水深 13.6m 透明度 10m
2nd
日 付 12-7-7 場 所 赤島
天 候 はれ 気 温 28℃
風 向 北東 波 高 0m
最低水温 18.9℃ 潜水時間 14:27-15:20
最大水深 14.4m 透明度 10m
暑い日が続いております。水温も20℃を上回り(まだ深い方は低いですが)透視度も10m以上とダイビングにはベストなコンデションです。ウミタナゴの出産も終わりメバルの子供とウミタナゴの子供が一緒に群れております。マイワシがアジに混じって大きな群れになっていました。見られた生き物マアジ、マイワシ、マダイ、クロダイ、カンダイ、キュウセン、ホンべラ、アナハゼ、ウミタナゴ、オキタナゴ、アイナメ、クジメ、アサヒアナハゼ、メバル、ウマズラハギ、キヌバリ、タケギンポ、キジハタ、カサゴ、エゾハリイカ、オトメウミウシ、シロウミウシ、ホウズキフシエラガイなどでした。
マアジの群れ カサゴ ミドリイソギンチャクに
捕食されているアカクラゲ

1st
日 付 12-6-16 場 所 センター前ビーチ
天 候 くもり 気 温 22℃
風 向 波 高 0m
最低水温 16.1℃ 潜水時間 11:15-12:00
最大水深 5.2m 透明度 15m
2nd
日 付 12-6-16 場 所 水族館裏
天 候 くもり 気 温 22℃
風 向 波 高 0m
最低水温 17.2℃ 潜水時間 13:41-14:34
最大水深 13.3m 透明度 15m
4月4日の大シケ以来の水族館裏でのダイビングでした。水族館も大きな被害を受けましたが、ポイントも大きな岩が流されてきたり砂利場の砂利が無くなったり大きく地形が変わっていました。生き物たちは大きな波にも関わらず元気で、ウミタナゴは大きなおなかをしもう出産間近でした。見られた生き物キュウセン、ウミタナゴ、トビヌメリ、アイナメ、クジメ、イシガレイ、
アサヒアナハゼ、アナハゼ、メバル、メナダ、クサフグ、マアジ、ヘビギンポ、スズメダイ、ムラソイ、メジナ、ナベカ、オトメウミウシ、ホウズキフシエラガイ、イソウミウシ、アカクラゲ、チョウクラゲ、オワンクラゲ、ミズクラゲ、スカシカシパンなどでした。
ツアー風景 アカクラゲ

日 付 12-4-30 場 所 塩戸
天 候 はれ 気 温 25℃
風 向 南東 波 高 0m
最低水温 9.8℃ 潜水時間 10:49-11:30
最大水深 12.6m 透明度 15m
男鹿は桜が満開です。水温は10度に届かなかった。透視度は15mを越えていた。塩戸はヒメホウキムシやウスマメホネナシサンゴ、コマイハナゴケ、ウミイチゴ、キタエダウミヒドラ、などの繊細な生き物たちが群生している所で岩肌を丹念に見ていると楽しい所です。見られた生き物ウミタナゴ、アサヒアナハゼ、アイナメ、メバル、キツネメバル、クジメ、マアジ、クサフグ、ヨウラククラゲ、カブトクラゲ、オワンクラゲ、ホウズキフシエラガイ、サガミコネコウミウシ、エムラウミウシなどでした。
クサフグ ヒメホウキムシ サガミコネコウミウシ

日 付 12-1-21 場 所 戸賀
天 候 くもり 気 温 3℃
風 向 北東 波 高 0m
最低水温 7.8℃ 潜水時間 13:31-14:29
最大水深 4.1m 透明度 15m
ブリコが発眼していました。ストロボを発光させると可愛い目がキョロキョロ動きます。もう10日前後でハッチアウトするのではないかと思います。その他ウミタナゴ、チャガラ、メバルが見られました。
風景 ブリコ なぎさのコントラスト

日 付 12-1-19 場 所 水族館裏
天 候 はれ 気 温 3℃
風 向 北東 波 高 0m
最低水温 9.3℃ 潜水時間 13:11-14:20
最大水深 10.8m 透明度 15m
久々の青空と太陽、ハタハタのブリコの撮影で相川に行くもうねりで断念、水族館の裏でのダイビングでした。細かな浮遊物もなくクリアな海でした。見られた生き物サヨリの群れ、マダコ、オトメウミウシ、ホウズキフシエラガイ、コモンウミウシ、シロウミウシ、オビクラゲ、カブトクラゲ、ヨウラククラゲ、ケムシクラゲ、ウリクラゲ、ヒメホウキムシ、ヤツデヒトデ(男鹿が北限と思われるのになぜか冬に小さいのをよく見かける、夏はあまり見かけなくなる。)マナマコ(ここでもたくさん見られたが、中国に輸出するため乱獲が激しく極端に少なくなった)などでした。

2015年ツアー日誌
2014年ツアー日誌
2013年ツアー日誌
2011年ツアー日誌
2010年ツアー日誌
2009年ツアー日誌
2008年ツアー日誌
2007年ツアー日誌
2006年ツアー日誌