ポイント情報
詳細


北緯40度に位置する男鹿半島は日本海につき出た景勝地です。半島の良さはダイビングの場合、北風の時は南のポイントで、逆に南風の時は北のポイントでと、大きな低気圧がこない限りどこかでダイビングが楽しめるので、ダイバーにとっては感謝感激のすらしいポイントです。透明度は日本海に流れ込む大きな河川に影響されることもありますが、年間を通して平均15mくらいの透明度がありますので海中の四季を味わうのもおすすめです。


ダイビングセンター前ビーチ ビーチ
最大水深6m
平均水深3m
流れなし
男鹿市ダイビングセンターのすぐ前がポイントですので、タンクを背負って歩くことなく楽に潜ることができます。男鹿には珍しく砂地で一部岩が露出し、消波ブロックには海藻が揺れ、透明度も良好です。初めての方、ブランクのある方からベテランまで楽しむことが出来ます。
台 島

シートピアより
車で40分
南からの風に弱い
ビーチ
ナイトに最適
最大水深6m
平均水深3m
流れなし
男鹿半島唯一の干潟性の海、夜になるとアミメハギが海藻をくわえて鈴なりに眠っていたり、オレンジ色のタツノオトシゴが見られる。クルマエビ、モエビ、ガザミ等の甲殻類とダイナンウミヘビ、ヒラメ、シマウシノシタ、コチ、キス、フサギンポ等魚類も多い。
金 崎

シートピアより
車で40分
南からの風に弱い
ビーチ
最大水深13m
平均水深5m
流れなし
椿漁港の防波堤に近く、夏から秋にかけてマダイの40〜80cmクラスが潜ると寄ってくる。カンダイは50〜80cmクラスが住み着いて、水中撮影のモデルになってくれる。壁面にはウミイチゴやヒメホウキムシの群生が見られ、希少なメダカラガイも見ることができる。
塩瀬崎

シートピアより
車で45分
門前漁港より5分
西、南の風に弱い
ボート
最大水深25m
平均水深10m
時には流れが速い
沖に向かって数本の根が伸びている。対馬暖流が当たるため流れは早いが、ヤギ類が多くとてもきれい。回遊魚がたくさんいて中・上級者向きのポイント。
阿治ヶ島

門前漁港より30分
西からの風に弱い
島渡し
最大水深17m
平均水深6m
時には弱い流れがある
島を一周するコースや根を回るコース等変化に富んでいるので面白い。魚影は濃くマダイ、クロダイ、メバル、アジ、スズメダイ、オキタナゴもちろん釣り人も多い。近くの孔雀ノ窟では夏になるとコウモリが子育てしている、ダイビングしながら水中ライトを持って探検も楽しい。
加茂湾

シートピアより
車で1時間
西からの風に弱い
ビーチ
最大水深12m
平均水深5m
時には弱い流れがある
のんびりビーチダイビングに最良のポイント、鍋やバーベキューをやりながら1日過ごすのも最高。沖合いの黒島を回るコースがおすすめです。ムツサンゴの群生在り、砂地の砂紋も美しいポイントです。
みさご・こみさご島

シートピアより
車で1時間
加茂漁港より15分
西からの風に弱い
島渡し
最大水深30m
平均水深10m
時には流れがある
島と島の間は狭いが20mのドロップオフになっておりダイナミック。こみさご島は地形が面白く、浅い所ではウミウシの種類が多く、シロ、アオ、ヒカリ、ジボガ、チシオ、ダイダイ、コモン、オトメ、マダラなどたくさんのウミウシが見られファンも多い。
大黒島

シートピアより車で
1時間
加茂漁港より15分
西からの風に弱い
島渡し
最大水深21m
平均水深8m
時には早い流れがある
対馬暖流の影響で北限のイソバナの大群生地がある。赤、黄のカラフルなイソバナにはチグチガイがよく見られる。初夏にはメバル、ウスメバル、キツネメバルの子供が数多く群れていたり、カンダイの幼魚も見られる。岩の穴から冠をつけたコケギンポやイソギンポが顔を出している。
鯨 島

加茂漁港より18分
西からの風に弱い
島渡し
最大水深14m
平均水深7m
時には流れがある
島を回るコース。島の壁面に秋田ではめずらしいコバルトツツボヤが群生している。コケギンポ、イソギンポ、ウマズラハギ、カワハギ、ベラ類が多い。
金ヶ崎温泉

加茂漁港より20分
西からの風に弱い
島渡し
最大水深14m
平均水深10m
時には弱い流れがある
昭和の初期まで波打ちぎわに露天風呂があった所で、現在も温泉が出ている。スコップを持って砂を寄せると入ることもできる。ウミウシ類が多く、スズメダイが卵を守っている様子が観察できる。
夷 島

加茂漁港より25分
西からの風に弱い
島渡し
最大水深30m
平均水深10m
時には速い流れがある
島の南側は砂、北側は大きなクレパスがあり非常に変化に富んでいる。流れが強い時もあるが魚影が濃く、釣りのベストポイントのためダイバーはなかなか島に上がることができない。
塩 戸

シートピアより
車で50分
西からの風に弱い
ビーチ
最大水深12m
平均水深5m
流れはほとんどない
元の水族館のそば、テトラの砂場に春になるとハタハタの稚魚がホンダワラの林の中に群れている。夏にはアオリイカが数多くいたり、カレイ類、アイナメ、クジメ、アナハゼ類、スイなどが見られる。
三浦荘前

シートピアより
車で50分
西からの風に弱い
ビーチ
最大水深12m
平均水深6m
流れはほとんどない
戸賀湾は噴火湾で水深10〜18mの底は砂と所々岩がある。モミジガイ、オオブンブク、ヨツアナカシパン、スカシカシパン、タツノオトシゴ、ヨウジウオが見られる。11月になるとアイナメ、クジメが卵を守っているのをよく見かける。
戸賀漁協脇

シートピアより
車で50分
西からの風に弱い
ビーチ
最大水深7m
平均水深5m
流れはない
戸賀漁協のすぐそばからエントリー、砂地にホンダワラ類やアマモの林がある。3月〜5月はヒメイカ、5月〜6月アマモの花が見られる。シマウシノシタ、トビヌメリ、キュウセンベラ、ホンベラ、チャガラ、キヌバリにイソテッポウエビやスナモグリも見られる。
宮島・さば島

戸賀漁港より5分
西からの風に弱い
ボート
最大水深12m
平均水深7m
時には速い流れがある
宮島南側はダイナミックな地形、所々にイソバナがベニアミコケムシやミサキアミコケムシと一緒に生息している。春にはヤリイカの卵も見られる。さば島の壁面にも同様の生物が生息している。
さざえ繰り

戸賀漁港より5分
西からの風に弱い
ボート
最大水深25m
平均水深10m
時には速い流れがある
宮島のそば、北前船の碇がしずんでいるポイント。夏になるとアオリイカ、マアジ、カタクチイワシ、スズメダイ、オキタナゴの大群が到る所で見られる。北限のスミゾメウミウシがオオギウミヒドラに卵塊を産んでいるのもここならではの見ものとなっている。
赤 島

シートピアより
車で50分
西からの風に弱い
ビーチ
最大水深12m
平均水深5m
流れはない
入江になっているのでナイトダイビングに最適。ナイトはコシオリエビ、ソバカラガニ、ヤワラガニ、サラサエビ、ロウソクエビ等、小さな甲殻類を見てくると楽しい。6月にはホウズキフシエラガイの産卵が見られる。
ねてげ岩

シートピアより
車で50分
畠漁港より15分
西からの風に弱い
ボート
最大水深15m
平均水深7m
時には流れがある
地形が複雑でダイナミックなポイント、特に夏から秋にかけて魚類が豊富になる。根魚が多く、マダイ、クロダイ、アイナメ、クジメ、メバル、キツネメバル、ウミタナゴ、オキタナゴ、マダコ、アナハゼ、アサヒアナハゼ、スイ等が見られる。
水 島

シートピアより
車で50分
畠漁港より15分
風が強いと不可
ボート
最大水深25m
平均水深7m
時には速い流れがある
岩場の地形は複雑でかなりおもしろい。広範囲にポイントが点在し、ボートダイビングに最適、北限のオノミチキサンゴが見られるのもここの特長です。
入道崎

シートピアより
車で50分
北からの風に弱い
ビーチ
最大水深12m
平均水深5m
時には弱い流れがある
南磯や西磯が川水で濁っていても比較的透明度が良い。夏から秋にかけてキジハタ、ミナミハコフグ、ニシキハゼ、オヤビッチャ、ソラスズメダイ等の南の魚が時々姿を見せる。ウミウシ類のコノハミドリガイ、ヒラミルミドリガイ、タマミルウミウシ等が見られる。
西黒沢

シートピアより
車で45分
北からの風に弱い
ビーチ
最大水深7m
平均水深4m
時には弱い流れがある
砂地より温泉とガスが出ていて砂に手を入れると暖かい。水深は比較的浅く所々に岩盤が露出している。春になるとイカナゴが砂から一斉に飛び出す光景も見られる。シロギス、ウシノシタなども生息している。
湯ノ尻沖

シートピアより
車で45分
湯ノ尻漁港より10分
北からの風に弱い
ボート
最大水深15m
平均水深7m
時には早い流れがある
他のポイントが川水で濁っていても、ここは比較的透明度が良い。全体的に泥岩で削られた所が谷状に伸びており、一風変った地形をしている。根付魚が多くマダイ、アイナメ、クジメ、メバル、キツネメバル、ウミタナゴ、オキタナゴ、アナハゼ等が多い。
岩館チゴキ海岸

シートピアより
車で1時間30分
西からの風に弱い
ビーチ
最大水深15m
平均水深5m
とんど流れはない
駐車場が広く車からすぐエントリーが出来る。水深は平均しても5mと浅く岩と砂地で、北の方は地形が複雑になっている。12月になり水温が下がるとハタハタが産卵におとずれる。ハタハタウォッチングや撮影に最適なポイントです。
須郷崎

シートピアより
車で1時間30分
岩館漁港より30分
西からの風に弱い
ボート
最大水深18m
平均水深8m
時には早い流れがある
根がたくさんあり、複雑な地形になっておりムツサンゴがとっても多い。マダイ、クロダイ、アイナメ、クジメ、メバル類、ウミタナゴ、オキタナゴ、アナハゼ類が見られる。
久六島

シートピアより
車で2時間30分
港より1時間30分
風が強いと不可
ボート
最大水深25m
平均水深10m
早い流れがある
チゴキ沖35qの灯台のみの岩礁。対馬暖流のまっただなかにあり北日本屈指の好ポイントで、マグロやブリの大物が回遊して来たり、1mクラスのカンダイ達に手で餌をやることもできる。小魚の魚影も非常に濃く、運がよければマッコウクジラやツチクジラ、シャチのファミリーを遠くから見ることができる。
椿 山

シートピアより
車で2時間30分
港より15分
西からの風に弱い
ボート
最大水深20m
平均水深8m
時には早い流れがある
地形の変化に富んでおり、時々潮流が強く流れているポイント。メバル、キツネメバル、クロイソ、アイナメ、クジメ、等は流れの当たらない谷に多く、オキタナゴは根周りに多い。
黄金崎

シートピアより
車で2時間30分
西からの風に弱い
ビーチ
最大水深18m
平均水深6m
流れはほとんどない
エントリーする横に露天風呂があり、ダイビングを終わってからの楽しみが倍に、マダイ、クロダイ、カンダイ、メバル類、タナゴ、オキタナゴ等のおいしそうな魚種も多い。
飛 島

シートピアより
車で4時間
一泊二日
南からの風に弱い
ボート
最大水深20m
平均水深8m
時には早い流れが
ある
山形県酒田港よりとびしま丸で約1時間、御積島のサメ穴には春から夏にかけてドチザメが産卵に来る。穴の中にはドチザメが20〜30匹重なるように寝ている。オビシャク島にはイソバナの大群生地があり、地形は複雑でおもしろい。寺島はきれいな砂地がありほっとする気持ちの良いポイントです。
馬場目川

シートピアより
車で50分
ビーチ
0〜3m
南秋田郡五城目町の山側、海のポイントが総て潜れない場合はここで潜ることがある。イワナ、ヤマメ、ウグイ、カジカなどの川魚が見られる。夜には自然のウナギを見ることもある。
十和田湖

シートピアより
車で2時間30分
ビーチ
0〜10m
10月に紅葉の季節になると、国立公園十和田湖のヒメマスも真赤な婚姻色に染まり、産卵風景が見られる。他にも80cmクラスのサクラマスや1mもあるノゴイを見ることもある。