会社概要

会社概要
会社名 有限会社シートピア
事業内容 潜水に関わる総て
設立 1974年4月  有限会社に改組1987年12月24日
資本金 300万円
役員 代表取締役 金坂芳和   取締役 金坂和子
所在地 秋田市土崎港北7丁目5−22
 TEL 018−845−7740
 FAX 018−845−7805
 Eメールアドレス info@sea-topia.com
 HPアドレス http://www.sea-topa.com
営業内容
 ・レジャー ダイビングスクール、潜水器材の販売、潜水器材の修理
 ・スポーツ 高圧空気ガス販売、水中カメラ販売、水中ビデオ販売
 ・スーツ製造 ウェットスーツ・ドライスーツ製造
 ・潜水調査 潜水調査、魚礁調査、海底状況調査、深海調査 
水中写真撮影、水中ビデオ撮影、水中写真ライブラリー
業務用機器 業務用水中カメラ販売、業務用水中ビデオ販売、水中テレビ
ロボット販売、水中通信通話装置販売、高圧コンプレッサー販売、
水中監視装置販売、水中作業工具販売、水中金属探知機販売
設備 温水ダイビングプール(縦7.5m、横3.5m、深さ3.6m)
レンタルタンク 70本
コンプレッサー室(秋田県認可高圧ガス製造事業所)
水中テレビロボット(水深150m対応)
許認可 文部大臣認定スクーバダイビング公認指導員登録店
通商産業大臣認可スクーバダイビング事業協同組合加盟店
秋田県資源エネルギー課認可高圧ガス製造事業

会社経歴 1973年 4月 秋田市将軍野にシートピア設立。ダイビングスクール、ダイビング用品販売、潜水調査を始める。
1979年 4月 秋田市土崎港に移転レストラン併設。
1983年 5月 日本海中部地震被害者の捜索を依頼される。
1984年 7月 作家椎名誠氏、水中写真家中村征夫氏と週刊宝石の取材で飛島に行く。
1984年12月 TBSワクワク動物ランドでハタハタの生態撮影の案内をする。
1986年 2月 フィリピンセブクルージングツアー。
1986年 6月 現在地に移転、温水ダイビングプール併設。
1987年 6月 キャッスルホテルにて椎名誠・中村征夫写真展及び、ホテルにて椎名誠・中村征夫トークショー開催する。
1987年12月 有限会社に改組する。
1988年 2月 フィリピンエルニドツアー。
1988年 4月 ウェットスーツ・ドライスーツ製造販売始める。
1989年 2月 フィリピンバタンガスツアー。
1989年 7月 週刊サンケイに飛島のサメの写真掲載される。
1989年 4月 作家椎名誠著「あやしい探検隊海で笑う」にシートピア掲載される。
1989年 4月 ニュースステーションで男鹿から生放送の水中撮影のスタッフを務める。
1989年 6月 テレビ番組プライムタイムで撮影スタッフに加わる。
1989年 7月 作家CWニコルと水中写真家中村征夫写真展トークショーを主催する。
1990年 2月 インドネシアバリ島ツアー。
1990年 2月 NHあきたアワー「男鹿の海に魅せられて」出演及び水中撮影オノミチキサンゴの秋田県初水中撮影に成功。
1990年 4月 女優宮崎よし子・中村征夫トークショーと 写真展を共催する。
1990年 5月 水中テレビロボットを導入し深海調査を始める。
1991年 2月 オーストラリアグレートバリアリーフツアー。
1991年 5月 さきがけカルチャーでダイビングスクールを始める。
1991年 8月 NHK番組‘91それぞれの夏「北のサンゴに夢を追う」に出演及び水中撮影を手がける。
1992年 2月 ミクロネシアポナペツアー。
1992年 7月 沖縄ツアー。
1992年 7月 NHKより2年連続の番組作りで感謝状を頂く。
1992年 7月 週刊現代の飛島取材でサメ穴のガイドを務める。
1993年 2月 ミクロネシアサイパンツアー。
1993年 7月 女優紺野みさ子&中村征夫トークショー共催。
1993年 7月 中村征夫写真展ガラパゴス展共催。
1993年 9月 フィリピンセブ島ツアー。
1994年 1月 北海道テレビよりハタハタの水中ビデオ撮影依頼される。
1994年 1月 秋田県立海洋技術高校へダイビング器材20セット納入する。
1994年 2月 オーストラリアグレートバリアリーフツアー。
1994年10月 インドネシアメナドツアー。
1994年12月 日本テレビ桜井よし子「今日の出来事」で潜水コーデネーターを務める。
1995年 2月 インドネシアバリ島ツアー。
1995年10月 メキシコラパスツアー。
1995年12月 東日本放送ハタハタの水中ビデオ撮影を依頼される。
1995年12月 テレビ朝日ステーションEYE水中撮影を担当する。
1996年 2月 フィリピンセブ島ツアー。
1996年 4月 秋田県男鹿水族館のマリンガールの請負を始める。
(2002年まで毎年請け負う)
1996年 6月 秋田県立海洋技術高校創立50周年記念講演頼まれる。
1996年 6月 漁業者の為の講習会を秋田県水産振興センターより依頼される(1996年より2000年まで)金浦漁協及び水産振興センターで行う。
1996年10月 エジプト紅海ツアー。
1997年 1月 NHK番組ふるさと発見「ハタハタを追い続けて」に出演する。
1997年 2月 インドネシアメナドツアー。
1997年 5月 沖縄ツアー。
1997年 7月 漁業者の為の講習会を秋田県水産振興センターより依頼される。象潟及び水産振興センターにて行う。
1997年11月 写真集「秋田の海に潜る」を魁新報社より出版する。
1998年 2月 NHKIeyeあきた出演。
1998年 2月 インドネシアシバダン島ツアー。
1998年 2月 ダイビング雑誌[月刊ダイバー]にハタハタの水中写真掲載される。
1998年 3月 秋田放送ラジオ出演。
1998年 4月 秋田県水産振興センターにドライスーツ納品。
1998年 5月 秋田県立海洋技術高校非常勤講師の依頼を受ける。
1998年 6月 漁業者の為の講習会を秋田県水産振興センターより依頼され若美漁協・水産振興センターにて行う。
1998年 6月 海上保安庁に器材を納品する。
1998年 8月 男鹿消防署にウエットスーツを納品する。
1998年10月 三宅島ツアー。
1998年11月 秋田県生涯学習センターより講演依頼。
1999年 1月 高圧空気ガス製造を始める。
1999年 2月 秋田県立海洋技術高校に器材15セット納品する。
1999年 3月 秋田県立海洋技術高校に潜水ボンベ15本納品。
1999年 4月 秋田県立海洋技術高校非常勤講師の依頼を受ける。
1999年 7月 アトリオンにて水中写真展開催(9〜12日)。
1999年 7月 秋田県消防防災航空隊に器材3セット納品する。
1999年 7月 漁業者の為の講習会を秋田県水産振興センターより依頼され北部漁協及び水産振興センターにて行う。
1999年11月 作家椎名誠の浮玉ベースボール盛岡大会に参加。
1999年12月 秋田県警機動隊に器材1セット、ドライスーツ2着納品。
2000年 2月 秋田県立海洋技術高校に水中通信機装置を納品する。
2000年 2月 秋田県立男鹿水族館にクリオネを納品する。
2000年 3月 秋田県立海洋技術高校に潜水プール水中監視装置を納品。
2000年 3月 秋田県立海洋技術高校に器材15セット納品する。
2000年 3月 海上保安庁にドライスーツを納品する。
2000年 3月 秋田県消防防災航空隊にドライスーツ3着納品する。
2000年 3月 秋田県警機動隊に沖縄サミット用スーツ他器材10セット納品する。
2000年 4月 秋田県立海洋技術高校非常勤講師の依頼を受ける。
2000年 5月 秋田県消防防災航空隊にウエットスーツ4着納品する。
2000年 6月 秋田県観光課の依頼でモニターツアーの体験ダイビングを行う。
2000年11月 作家椎名誠の浮玉ベースボール昭和町大会に、チーム名[なまはげ]で参加する。
2000年12月 生涯学習センターにて秋田の海について講演。
2001年 1月 秋田市消防本部に器材1セット納品する。
2001年 2月 オーストラリアグレートバリアリーフツアー。
2001年 6月 メキシコラパスツアー。
2001年 7月 ワールドゲームス組織委員会よりフィンスイミング、ライフセービングの水中撮影の依頼を受ける。
2001年 9月 秋田県立海洋技術高校非常勤講師の依頼を受ける。
2001年 9月 秋田市消防本部に器材2セット納品する。
2001年11月 秋田市消防本部にドライスーツ3着納品する。
2002年 4月 NHKニュスパーク秋田で毎月1回1年間秋田の水中映像を放映する。
2002年 6月 インドネシアバリ島ツアー。
2002年 8月 水族館閉館式記念パーティーにて感謝状を授与される。
2002年 8月 第5回全国渚サミットで講演を依頼される。(象潟町会館)
2002年11月 フィリピンセブ島ツアー。
2003年 5月 秋田市消防本部に器材1セット納品する。
ドキュメンタリー映画「土方巽 夏の嵐」で水中撮影を依頼される。
2003年 6月 沖縄ツアー。
2003年 8月 ABS開局50周年記念番組の潜水コーデネーターを担当する。
2003年 9月 生涯学習センターより講演の依頼受ける。
2003年11月 シートピア30周年記念パーティーを、水中写真家・中村征夫氏とタレントのさかなクンをゲストに開催。
2004年 6月 横手消防署に器材2セット納品する。
2004年 6月 消防防災航空隊のスーツ3着納品する。
2004年 7月 男鹿市ダイビングセンター工事着手。
2004年 9月 男鹿市ダイビングセンター完成。
2005年 1月 マリンブルー21の海浜生物生息環境定点調査に04〜08までの4年間参加
2005年 4月 男鹿市ダイビングセンターオープン。
2005年 5月 秋田市消防本部に器材1セット納品する。
2005年 6月 横手消防署に器材2セット納品する。
2005年 7月 水族館ナマハゲスーツとお面の製作。
2005年 8月 NHK秋田放送主催「中村征夫氏の磯遊び教室」をセンターにて開催。
2005年 8月 男鹿消防署に器材1セット納品する。
2005年 9月 タレントのスーツ製作を開始。
2005年11月 サキガケ出版部発売の「男鹿水族館GAO」ガイドブック用の写真撮影。
2005年12月 中村征夫氏とNHK・BS番組用のハタハタ撮影。
2005年12月 年末31日よりGAOナマハゲダイバーの餌付けショー開始。
2006年 3月 水中映像祭に出展
2006年 4月 男鹿水族館GAOにハタハタパネル用の写真を納品
2006年 6月 男鹿海洋高校にウェットスーツ4着納品
2006年 8月 男鹿水族館GAOにドライスーツ2着納品
2006年10月 男鹿消防署に潜水器材一式を納品
2007年 5月 ABS秋田放送に水中ビデオカメラ一式を納品
2007年 6月 あきた白神体験センターにカヌー体験用器材を納品
2007年 6月 男鹿海洋高校にスーツ2着・軽器材20セット納品
2007年 6月 男鹿水族館GAOにドライスーツ1着納品
2007年 7月 水産振興センターにドライスーツ1着納品
2007年 7月 にかほ消防署に器材6セット・ドライ8着・ウェット10着納品
2007年 8月 にかほ消防署で潜水講習会を開催
2007年10月 南極調査捕鯨船日新丸に器材一式を納品
2008年 1月 秋田市消防本部に器材一式3セット納品
2008年 8月 映画「釣りきち三平」スタッフ用のドライ貸出
2008年11月 セブ島ツアー
2009年 2月 秋田県建設部に水槽管理カメラ一式を納入
2009年 3月 男鹿水族館GAOにハタハタビデオ映像を納入
2009年10月 秋田魁新報に南極取材用カメラハウジング・ドライスーツ納品
2009年10月 中村征夫さん「日本列島知恵プロジェクト」秋田ロケ参加
2009年11月 ブルーホールオープニングセレモニーに出席
2009年11月 マレーシア・ポンポン島ツアー
2009年12月 水中用ビデオハウジング・HDビデオカメラを導入

インストラクター紹介
金坂 自由 1979年生れ
国家潜水士 広島労働基準局 第34007754061号
文部科学省認定スクーバダイビングインストラクター
MTES・CMASインストラクター
JPインストラクター
日本スノーケリング連盟インストラクター
金坂芳和 1948年生れ
国家潜水士 岩手労働基準局 第1013号
NASDSインストラクター
JPインストラクター
秋田県立男鹿海洋技術高校非常勤講師
日本スノーケリング連盟インストラクター

主要取引先 秋田県警察本部、秋田県消防防災航空隊、秋田県立男鹿海洋高等学校、株式会社男鹿水族館、各市町消防事務組合、各市町(海底・漁礁調査)、県内各海事会社、航空自衛隊秋田救難隊、秋田海上保安庁、県内各漁業協同組合、秋田県水産振興センター、日鉱エンジニアリング株式会社、株式会社日明舎、
取引メーカー スキューバプロアジア株式会社、日本アクアラング株式会社、株式会社マスク、日本クレッシーサブ株式会社、株式会社ゼロ、株式会社シーアンドシー、株式会社BBC、ハリサン株式会社、APシステムズ株式会社、SAS株式会社、広和株式会社、株式会社QI、富山潜水株式会社、山本化学工業株式会社、株式会社トータス、株式会社ダイブウェイズ、株式会社マレスジャパン、東亜潜水機株式会社
取引銀行 秋田銀行、北都銀行